CATEGORY

未分類

巨人野球観戦費用を稼ぐ方法!ネット副収入でシーズンシートを購入できるか?

  こんばんは!激アツプロ野球人です。   いきなりなんですが・・・私には目標があります! それはですね・・・   シーズンシートを購入すること!!   シーズンシートがあると色々といいことがあるんですよね〜〜 シーズンシートオーナー感謝祭とか、1年間試合が観れたりとか、他にもイベントがあったりとか、1度は購入して見たいなぁと思っているわけです。 しかし、あ […]

ファン1万人が選ぶプロ野球総選挙総まとめ!スゴい選手・場面はコレだ!

  どうも、激アツプロ野球人です! 今回はプロ野球総選挙について! 1月8日に放送され、様々な野球の名場面を振り返った番組です。 そんなプロ野球総選挙を振り返っていきます。   ファン1万人が選ぶプロ野球総選挙 野球ファンによる投票によって、順位が決定しました!   野手部門 1位 イチロー 2位 王貞治 3位 長嶋茂雄 4位 大谷翔平 5位 松井秀喜 6位 落合博満 […]

闘将星野仙一監督の監督時代の成績と記録総まとめ!

  こんばんは。 激アツプロ野球人です。   本日楽天の星野仙一球団副社長が亡くなったと発表がありました。 星野球団副社長は現役では通算146勝を挙げ、監督としては4度の優勝を果たしています。 そんな星野氏の監督時代の実績を今回はまとめました。   星野仙一氏NPB監督時代の成績 星野氏は中日の監督を2度にわたって務め、阪神・楽天の監督も務めました。 北京オリンピック […]

現役プロ野球選手500人が選ぶベストナイン2017一覧と票数まとめ!

  どうも、激アツプロ野球人タケです!   さてさて、今回は現役プロ野球選手が選ぶベストナインについて。 現役選手達が選ぶ2017年プロ野球ベストナインが12月30日には発表されます。 公式のベストナインとは違い、プロ野球選手が選ぶベストナインは一体どのような顔ぶれになるのでしょうか? 今回はプロ野球選手が選んだベストナイン選手を総まとめ。 公式のベストナインとどのような違いが […]

とんねるずのスポーツ王は俺だ!リアル野球BAN(リアル野球盤)の歴史!

  どうも、激アツプロ野球人です。   今回のテーマは毎年の楽しみ「リアル野球BAN」 球場を野球盤にして、チーム石橋とプロ野球選手(メジャーリーガー)が勝負するという豪快なゲームです。 主に年初めに放送され、野球ファンを楽しませる「リアル野球BAN」 今回はその歴史をまとめました。   リアル野球BANのルール ルールは野球盤と同じです。 大まかにルールをまとめると […]

平成の怪物松坂大輔の野球人生!高校時代~今現在を成績とともに振り返る!

  どうも、激アツプロ野球人タケです。   今回は平成の怪物松坂大輔について。 数々の伝説を残してきた松坂大輔ですが、ソフトバンクに復帰してから、結果を残すことはできませんでした。 そんな松坂が中日の入団テストを受験することが決定! 平成の怪物と呼ばれ、数々の伝説を残した松坂大輔はこの先一体どうなっていくのか? 球界のエースと呼ばれた松坂大輔の野球人生をまとめました。 &nbs […]

巨人陽岱鋼とトラブった兄・陽耀勲とは?元ソフトバンクの野球選手

  こんばんは。野球もオフシーズンですが、侍ジャパンはあります。 竹内ゴローです。 さてさて、巨人の陽にある報道が・・・ それは兄であり、元ソフトバンクの選手でもある陽耀勲とのトラブル。 絶縁との報道もあります。 今回は陽岱鋼の兄、陽耀勲に迫ります。   陽耀勲のソフトバンク時代の成績 陽耀勲はソフトバンクに投手として在籍していました。 その成績は・・・ 2006 試5 0勝0 […]

プロ野球ベストナイン徹底予想【2017年版】田中広輔と坂本勇人はどっち?

    セ・リーグベストナイン予想 まずはセ・リーグのベストナイン予想です! 主な指標と出場試合数と独断と偏見で選出しました ※ 基本的に指標と出場試合数を見ています。独断と偏見はわずかです。   受賞者と受賞理由 セ・リーグの受賞予想を理由とともに発表します。   投手 菅野智之 投手部門は防御率タイトルと最多勝タイトルを取った菅野智之で間違いないでしょう […]

大隣憲司を戦力外にした左肘手術と黄色靭帯骨化症!引退はまだ早い理由!

  こんばんは。竹内ゴローです。 毎年秋になると、いろんな選手が球界を去っていきます。 仕方がないこととは言え、球界を支えた選手達の引退は寂しい限りです。   そんな秋ですが、球界を支えたある投手が戦力外通告を受けてしまいました。 大隣憲司投手です。 今回は大隣憲司投手と黄色靭帯骨化症をまとめました。   大隣憲司投手のこれまで ソフトバンクのローテーション投手として […]