巨人Bクラスの歴史を監督・勝利数・順位から紐解いてみた!

      2017/12/06

スポンサーリンク

 

こんばんは。激アツプロ野球人です。

さて、2017年巨人は11年ぶりのBクラスとなってしまいました。

とても残念な結果になりましたが、その現実を受け止めないといけません。

そこで、今回は巨人Bクラスの歴史を振り返ります!

 

スポンサーリンク

巨人Bクラスの歴史

巨人のBクラスになった年を振り返っていきます。

 

1962年

監督:川上哲治

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
阪神 133 75 55 3 .577
大洋 134 71 59 4 .546 4.0
中日 133 70 60 3 .538 5.0
巨人 134 67 63 4 .515 8.0
広島 134 56 74 4 .431 19.0
国鉄 134 51 79 4 .392 24.0

勝率が5割を超え、貯金が4あったものの、1962年は4位となってしまいました。

巨人初のBクラスとなりましたが、翌1963年には優勝を果たしています。

チームを素早く立て直し、その後に訪れるV9時代へと繋がっていきます。

 

1975年

監督:長嶋茂雄

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
広島 130 72 47 11 .605
中日 130 69 53 8 .566 4.5
阪神 130 68 55 7 .553 6.0
ヤクルト 130 57 64 9 .471 16.0
大洋 130 51 69 10 .425 21.5
巨人 130 47 76 7 .382 27.0

この年はチームが大大大低迷。

借金は29と膨らみ、勝率は.382。

巨人史上初の最下位となってしまいました。

 

1979年

監督:長嶋茂雄

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
広島 130 67 50 13 .573
横浜 130 59 54 17 .522 6.0
中日 130 59 57 14 .509 7.5
阪神 130 61 60 9 .504 8.0
巨人 130 58 62 10 .483 10.5
ヤクルト 130 48 69 13 .410 19.0

1975年の最下位以来4年ぶりのBクラスとなった巨人。

この年は勝率5割をわずかに切り、Bクラスとなってしまいました。

 

1991年

監督:藤田元司

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
広島 132 74 56 2 .569
中日 131 71 59 1 .546 3.0
ヤクルト 132 67 63 2 .515 7.0
巨人 130 66 64 0 .508 8.0
横浜 131 64 66 1 .492 10.0
阪神 130 48 82 0 .369 26.0

3位とはたった1ゲーム差で4位となってしまった巨人。

当時はクライマックスシリーズがなかったので、Bクラスになっても大した影響はなかった。と言いたいところですが、開幕戦本拠地の権利を逃してしまうのは痛すぎました。

たった1ゲーム。されど1ゲームです。

 

1997年

監督:長嶋茂雄

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
ヤクルト 137 83 52 2 .615
横浜 135 72 63 0 .533 11.0
広島 135 66 69 0 .489 17.0
巨人 135 63 72 0 .467 20.0
阪神 136 62 73 1 .459 21.0
中日 136 59 76 1 .437 24.0

1997年はヤクルトの独走を許し、4位に終わった巨人。

前年のメークミラクルからは一転する形となってしまいました。

その後の1998年、1999年と優勝を逃すことになり、3年連続V逸の始まりとなってしまう年でした。

 

2005年

監督:堀内恒夫

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
阪神 146 87 54 5 .617
中日 146 79 66 1 .545 10.0
横浜 146 69 70 7 .496 17.0
ヤクルト 146 71 73 2 .493 17.5
巨人 146 62 80 4 .437 25.5
広島 146 58 84 4 .408 29.5

前年の3位から下がり、5位転落。

投打ともにかみ合わず、暗黒の1年と称された。

開幕直後に守護神候補であったミセリが崩れたのが響き、勝利の方程式を確立しきれずにシーズンを終えることになった。

 

2006年

監督:原辰徳

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
中日 146 87 54 5 .617
阪神 146 84 58 4 .592 3.5
東京ヤクルト 146 70 73 3 .490 18.0
巨人 146 65 79 2 .451 23.5
広島 146 62 79 5 .440 25.0
横浜 146 58 84 4 .408 29.5

巨人球団史上初の2年連続のBクラスとなってしまいました。

前年の5位より1つ順位を上げましたが、4位どまり。

借金も17となり、巨人暗黒期と揶揄されました。

 

2017年

監督:高橋由伸

試合 勝利 敗北 引分 勝率 ゲーム差
広島 143 88 51 4 .633
阪神 143 78 61 4 .561 10.0
DeNA 143 73 65 5 .529 14.5
巨人 143 72 68 3 .514 16.5
中日 143 59 79 5 .428 28.5
ヤクルト 143 45 96 2 .319 44.0

11年ぶりのBクラスとなってしまった巨人。

前年2016年シーズンの2位から順位を落とし、Bクラスに転落してしまいました。

2016年よりも勝率はよかったものの、13連敗が響き他球団との差が埋まりませんでした。

巨人Bクラスの歴史

巨人のBクラスは上記の8回。

2年連続Bクラスは過去に1回しかありません。

2018年シーズンは巻き返すことができるのか??

高橋由伸監督契約最終年に大注目です!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - 巨人情報あれこれ