プロ野球のチャレンジ制度「リクエスト」の詳細なルールまとめ!

   

スポンサーリンク

 

プロ野球に新しい制度が導入されることになりました。

その名は「リクエスト」

ビデオ判定から、また一つ進化した形となったリクエスト。

その制度の詳細を説明します!

 

スポンサーリンク

プロ野球新制度リクエスト適用ルール

2018年シーズンから適用されるリクエスト制度。

そのリクエスト制度の適用する際のルールについてまずは紹介します。

 

全ての塁のセーフ・アウトを検証できる

これまでのビデオ判定ではフェンス際のホームラン判定とポール際のホームランかファールかの判定。

そして、ホームクロスプレーに限られていました。

しかし、今回の新制度リクエストでは、全ての塁のセーフ・アウトに適用されます。

一塁での微妙な判定や盗塁時の判定なども、検証対象になります。

 

従来通りホームラン性の打球もリクエスト可能

従来通り、ホームラン性の打球に対しても、リクエストは要求できます。

ホームランかフェンス直撃か?

ホームランかファールか?

この判定もリクエストによって、行うことができます。

 

リクエスト回数制限は9イニング2回、延長戦1回

リクエストには使用回数制限があります。

判定が覆らない場合は無制限に使用することができますが、判定が覆った場合は回数制限があります。

その回数は9イニング2回。

延長戦では1回使うことができます。

 

リクエスト要求の方法

リクエストは監督のみが要求することができます。

監督が手で四角を作ることによって、リクエストを要求することができるとのことです。

 

プロ野球新制度リクエストが適用されない場合

新たな判定制度「リクエスト」が適用されない場合は以下の通りです

  • ストライク・ボールの判定
  • ハーフスイングの判定
  • ボーク
  • 本塁上衝突(コリジョン)
  • 自打球の可否
  • 走塁妨害
  • 守備妨害
  • インフィールドフライ
  • 塁審より前方の打球

上記の場合はリクエストを行うことができません。

 

プロ野球新制度リクエストにおける禁止行為

リクエストにおける禁止行為をまとめました

 

ベンチ内で外部者がリプレーを確認する行為

ベンチ内で、外部の人間がプレーを確認する行為は禁止されています。

 

リプレー検証後の抗議

リプレー検証の結果が出た後での抗議は禁止されています。

検証後、抗議した場合は退場となります。

 

2018年度リクエストその他の実施要項

その他の細かい点について、まとめました

 

リクエスト実施について

2018年度は全試合リクエストを適用する見込みです。

オープン戦では、本拠球場のみリクエストを実施予定。

ペナントレースでは全試合なので、地方球場も込みになります

 

リプレーをビジョンで映し出す

リプレーをバックスクリーンなどのビジョンで映し出すことも明記されています。

しかし、こちらはスクリーンで映し出せる球場に限定されます。

 

審判は5分以内に結論を出す

リクエストから、判定を下すまでの時間が5分と定められています。

これまでのビデオ判定では微妙な判定だと、判定時間が長引く場合がありましたが、リクエストでは5分です。

試合のテンポアップが目的で、判定時間を無駄に長くしないように考慮されています。

 

プロ野球新判定制度リクエストまとめ

日本にも遂にチャレンジが導入されました。

メジャーリーグではすでに導入されていた上、他の競技でもすでに導入されているものが多いです。

日本野球もようやくチャレンジ制度が導入され、来年のプロ野球はまた一味変わったものになっていくでしょう!

 

 

リクエスト制度のあるプロ野球に注目です!

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - 野球知識・ルール・データ