ノーヒットノーランと完全試合歴代達成者一覧!2回完全試合を達成した投手はいるのか?【1人で達成できなかった選手も】

プロ野球で達成が難しいとされているノーヒットノーランと完全試合。

過去に達成している投手が何人いて、いつ誰が達成しているのかをまとめました。

また、過去にノーヒットノーランや完全試合を2回以上達成した人はいるのでしょうか?

スポンサードリンク

ノーヒットノーラン歴代達成者一覧

1936年9月25日沢村栄治
1937年5月1日沢村栄治
1937年7月3日V.スタルヒン
1937年7月16日石田光彦
1939年11月3日中尾輝三
1940年3月18日亀田忠
1940年4月14日浅野勝三郎
1940年7月6日沢村栄治
1940年8月3日三輪八郎
1940年8月22日石田光彦
1941年4月14日亀田忠
1941年7月16日中尾輝三
1941年10月27日森弘太郎
1942年7月18日西沢道夫
1943年5月2日天保義夫
1943年5月22日藤本英雄
1943年5月26日別所昭
1943年10月12日石丸進一
1946年6月16日呉昌征
1948年8月24日梶岡忠義
1948年9月6日真田重男
1950年6月28日藤本英雄(2回目)
1951年9月5日金田正一
1952年4月27日林義一
1952年5月7日真田重蔵(真田重男・2回目)
1952年7月26日大友工
1954年8月7日山下登
1955年5月10日杉下茂
1955年6月4日大津守
1955年6月19日武智文雄
1956年5月3日大脇照夫
1956年9月19日宮地惟友
1957年8月21日金田正一(2回目)
1957年10月12日大矢根博臣
1958年7月19日西村貞朗
1960年8月11日島田源太郎
1961年6月20日森滝義巳
1964年5月16日井上善夫
1964年8月18日中山義朗
1965年6月28日ジーン・バッキー
1965年10月2日外木場義郎
1966年5月1日佐々木吉郎
1966年5月12日田中勉
1966年6月12日清俊彦
1967年9月17日若生忠男
1967年10月10日堀内恒夫
1968年5月16日城之内邦雄
1968年8月8日鈴木啓示
1968年9月14日外木場義郎(2回目)
1969年8月16日成田文男
1970年5月18日渡辺秀武
1970年6月9日鬼頭洋
1970年10月6日佐々木宏一郎
1971年8月19日藤本和宏
1971年8月21日高橋善正
1971年9月9日鈴木啓示(2回目)
1972年4月29日外木場義郎(3回目)
1973年6月16日高橋直樹
1973年8月30日江夏豊
1973年10月10日八木沢荘六
1975年4月20日神部年男
1976年4月18日加藤初
1976年5月11日戸田善紀
1978年8月31日今井雄太郎
1985年6月4日郭泰源
1985年6月9日田中幸雄
1987年8月9日近藤真一
1990年4月25日柴田保光
1992年6月14日湯舟敏郎
1994年5月18日槙原寛己
1995年7月5日西崎幸広
1995年8月26日佐藤義則
1995年9月9日テリー・グロス
1996年6月11日渡辺久信
1996年8月11日野口茂樹
1997年9月2日石井一久
1998年5月26日川尻哲郎
1999年5月8日佐々岡真司
2000年4月7日メルビン・バンチ
2000年6月20日ナルシソ・エルビラ
2002年8月1日川上憲伸
2004年10月4日井川慶
2006年5月25日リック・ガトームソン
2006年9月16日山本昌
2012年4月6日前田健太
2012年5月30日杉内俊哉
2012年10月8日西勇輝
2013年6月28日山井大介
2014年5月2日岸孝之
2018年7月27日山口俊
2019年9月6日千賀滉大
2019年9月14日大野雄大
2020年8月15日小川泰弘
2022年4月10日佐々木朗希
2022年5月11日東浜巨

完全試合歴代達成者一覧

1950年6月18日藤本英雄
1955年6月19日武智文雄
1956年9月19日宮地惟友
1957年8月21日金田正一
1958年7月19日西村貞朗
1960年8月11日島田源太郎
1961年6月20日森滝義巳
1966年5月1日佐々木吉郎
1966年5月12日田中勉
1968年9月14日外木場義郎
1970年10月6日佐々木宏一郎
1971年8月21日高橋善正
1973年10月10日八木沢荘六
1978年8月31日今井雄太郎
1994年5月18日槙原寛己
2022年4月10日佐々木朗希

過去に達成した投手は上記のようになっています。

過去2回達成した投手は存在しません。

クライマックスシリーズでは2018年10月14日に菅野智之投手がノーヒットノーランを達成しています。

完全試合をあと1人で達成できなかった投手

完全試合をあと1人で逃してしまった投手を紹介します。

田宮謙次郎

最後のバッターを打ち取ったあたりだったが、バスターで三塁手の頭を越えてヒットとなりました。

別所毅彦

最後のバッターのショート内野安打を打たれてしまい、完全試合を逃しました。

村田元一

最後のバッターをファーストゴロに打ち取ったかに見えたが、イレギュラーしてしまい完全試合を逃しました。

杉内俊哉

9回2アウトまで完全試合を達成していましたが、最後のバッターにフォアボールを与えてしまい、完全試合を逃しました。

際どい判定で遅くも完全試合を逃したものの、後続を抑えてゲームセット。

ノーヒットノーランをあと1人で達成できなかった投手は多い

ノーヒットノーランをあと1人で達成できなかった投手は21人います。(2021年終了時現在)

その中でも西口文也投手はあと1人から2回ノーヒットノーランを逃しており、完全試合も延長戦でヒットを浴びて逃すなど、不運が続きました。

ノーヒットノーランと完全試合の違いは?

ノーヒットノーランは無安打無失点試合で、エラーや四死球はカウントされません。

なので、塁上に南院ランナーを出しても、無失点でヒットを許さなければOKです。

完全試合はエラーや四死球も許されず、ランナーを全く出さないことが条件になります。

【プロ野球公式戦が最も観れる方法】

プロ野球1軍の試合を最も多く観れるのはDAZNです。

ネットで野球を楽しむ場合は登録必須!

プロ野球中継をお得に見る方法