巨人イースタンリーグ(3月26日日本ハム戦)全選手結果と本音採点

巨人イースタンリーグ開幕戦の結果と採点です。

試合は4-3で巨人勝利。

【巨人オープン戦はDAZNで見れます】

スポンサードリンク

巨人・日本ハム(3月26日)のスタメン

【巨人スタメン】

1(中)八百板

2(二)湯浅

3(遊)広岡

4(一)秋広

5(三)香月

6(捕)岸田

7(指)立岡

8(右)山下

9(左)平間

P・野上

【日本ハムスタメン】

1(指)清宮

2(三)平沼

3(右)万波

4(左)王

5(一)今井

6(捕)古川

7(二)難波

8(遊)上野

9(中)片岡

P・金子

巨人全選手本音採点と結果

八百板:30点

  1. ショートゴロ→外のボールに合わせたが、ショートゴロ
  2. 空振り三振→捉え切ることができなかった。
  3. ライトフライ→初球インハイの抜けた変化球をライトフライ
  4. 捕ゴロ→キャッチャー前のバントで、2塁封殺。バントが悪いというよりは平間の判断ミス要素の方が強い。
  5. 三邪飛:どん詰まりのファールフライに終わった。

バッティングでは9回1アウト1,3塁のチャンスで、サードファールフライ。

送りバント成功でかなりのお膳立てができているにも関わらず、あのバッティングは残念だった。

センターの守備でも目測を謝って、ヒットとしてしまい、失点に絡んでしまった。

評価は厳しくせざるを得ない内容だった。

湯浅:80点

  1. レフト前ヒット→外の変化球を三遊間へ運んだ。その前のインコースのストレートへの反応も良かった。
  2. ライトフライ→ライト前に落ちるかという当たりだったが、スライディングキャッチ。
  3. センターライナー:ライナー性の打球を打ち返したが、正面だった。
  4. センターフライ:外の変化球を打ち上げてしまった。
  5. サードフライ:外高めの変化球に泳がされてしまった。

9回サヨナラのチャンスで打てなかったのはもったいなかったが、打撃内容は総じて悪くない。

いい当たりも多く、守備も機敏な動きを見せていた。

粗削りな部分はあるものの、魅力あるプレーを見せてくれた。

1軍に上がるには打撃に安定感が欲しい。

廣岡:92点

  1. 四球→最後はよく選んだが、仕留めないといけないボールがあった。1軍ではそれが命取りになる。
  2. 左本塁打→外の変化球をレフトへ持っていった。いい打球方向だった。
  3. 四球
  4. 空振り三振
  5. セカンド内野安打:センター前方向への高いバウンドの打球で内野安打

ホームランは見事な一発。

それ以外の打席でも、フォアボールを選ぶなど活躍していた。ただ、四球の打席の中でも仕留めたいボールはあった。

難しいボールをなんとか粘っているのか、打てるボールを打ち損じての粘りなのかによって評価はだいぶ異なる。

廣岡に関しては1軍に上がらないといけない選手なので、しっかり見ていきたい。

秋広:50点

  1. ファーストゴロ:変化球に泳がされてしまった。
  2. ショートゴロ:平凡なショートゴロに終わった。
  3. ライトフライ:若干詰まって、フェンス手前のフライ
  4. セカンドゴロ:初球を引っ掛けて、セカンドゴロ
  5. ショートフライ:タイミングを外されて、ショートフライ

高卒ルーキーなので、まだまだ課題あり。

数年後の主力を目指して、2軍の4番で経験を積んで欲しい。阿部2軍監督が4番固定を明言しているので、いい意味でプレッシャーを感じた状態でプレーになる。

素晴らしい経験を積んで欲しい。

香月:90点

  1. センター前ヒット:外の変化球をなんとかうまく拾って、センター前へ
  2. センターフライ:外の真っ直ぐを仕留めきれなかった。
  3. ファーストゴロ:一、二塁間に打ったが、ファーストゴロ
  4. セカンドゴロ:ボテボテの当たりだった
  5. 右本塁打:フルカウントから右中間にツーランホームラン!サヨナラ勝ち!

サヨナラホームランは見事だった。ただ、ボール球をあれだけ振ってしまうと1軍では厳しい。

サヨナラホームランを打ったので、高い点数になったが、1軍に上がるためにはもうワンランク、ツーランクレベルアップしないといけない。

長打力のある魅力的な選手なので、這い上がって欲しい。

岸田:70点

  1. 見逃し三振:外のいいコースに変化球を決められてしまった。
  2. セカンドライナー:外の変化球を捉えたが、セカンドライナー
  3. センタ前ヒット:初球を捉えて、センター前ヒット
  4. ライトフライ

いい当たりを打っていたので、継続してアピールしてほしい。

バッティングでアピールすれば、呼ばれる機会もあるだろう。守備面は大事な9回・10回に丁寧さが欲しかった。

もちろんピッチャーの失投もあるが、慎重さに慎重差を重ねた雰囲気は醸しだして欲しい。

立岡:85点

  1. 空振り三振:外のツーシーム系のボールに手が出てしまい、空振り三振
  2. センター前ヒット:高めに抜けた変化球を逃さなかった。
  3. ライトフライ:右中間よりのフライ
  4. 四球

ヒットは一本放ったものの、強いアピールには至らなかった。

かなりアピールしないといけないと立場なので、結果を出し続けていくしかない。

山下:45点

  1. セカンド内野安打→変化球に泳がされたが、いいところに転がった。内容としてはそこまで良くない。
  2. 二併殺打:泳がされてしまい、セカンドゴロ併殺
  3. ファーストゴロ:ファースト正面のゴロだった。
  4. 投内野安打:プッシュバント気味になり、ファーストとピッチャーの間を抜けた。

バッティング内容は最近だいぶ悪くなってきている。体が前に出されてしまっているので、いい当たりが出ない。

守備ではいいプレーがあった。

早く調子を取り戻してほしい。

平間:85点

  1. 中ライナー:いい当たりではあったが、センターライナー
  2. センター前ヒット:低めの変化球を二遊間へ運んだ
  3. レフト前ヒット:三遊間を抜けるヒット
  4. 投犠打:バントを見事に決めた。

全ての打席で内容がよく、好調を維持している。

ただ、平間が一軍に上がるレベルになるためには超えるべき選手が多い。走塁では増田を越えないといけないし、若林や吉川尚、北村・湯浅などの選手がライバルになる。

それらの選手をどう超えるかキーポイント。

一芸に特化し切らないと難しい。

野上:85点

1回表

  1. 清宮:セカンドフライ→変化球で泳がせた
  2. 平沼:セカンドゴロ→チェンジアップで泳がせた。途中痛烈なファールを浴びた。
  3. 万波:空振り三振→緩めの変化球で完全にタイミングを外した。

2回表

  1. 王柏融:ライトライナー→痛烈でいい当たりだったが、右中間で山下がなんとか抑えた。
  2. 今井:空振り三振→外の真っ直ぐで空振り三振
  3. 古川:空振り三振→インコースの素晴らしいコースで空振り三振

3回表

  1. 難波:センター前ヒット→低めの変化球をうまく拾われた。
  2. 上野:投犠打→バント成功
  3. 片岡:レフト前ヒット→インコースのストレートがシュート回転した。
  4. 清宮:空振り三振→インコースのストレート3球で空振り三振。ただ、最後の球はシュート回転していて、危ない球だった。
  5. 平沼:四球→最後はインコースへのボールはわずかに外れた。
  6. 万波:セカンドフライ→初球の外スライダーで仕留めた。

4回表

  1. 王柏融:セカンドゴロ→ボテボテの当たり
  2. 今井:ライトフライ→カウント不利だったが、インコースカット系のボールを投げ切った。
  3. 古川:空振り三振→シュート回転したボールを空振り三振

5回表

  1. 難波:ファーストゴロ→浮いた変化球を捉えられたが、ファースト正面
  2. 上野:ライトフライ→インコース気味のストレートで差し込んだ。
  3. 片岡:ピッチャーゴロ→変化球で完全に相手を崩した

6回表

  1. 清宮:四球
  2. 平沼:二ゴロ併殺→エンドランだったが、セカンドでアウトを取った
  3. 万波:空振り三振→外の真っ直ぐで空振り三振に切って取った

コントロールは流石のものがあった。

投げ間違いはほとんどなく、他の2軍ピッチャーとの格の違いを感じさせた。

カーブやチェンジアップもそれなりのコースに投げ込んでいたのだが、ストレートは際どいインサイドでも、捉えられるケースがあり、その点に不安が残る。

1軍で変化球だけの勝負になってしまえば、やはり苦しい。

ストレートをいかにうまく見せるかが課題になりそうだ。

戸根:90点

7回表

  1. 王柏融:セカンドゴロ→初球の変化球を打たせて、セカンドゴロ
  2. 今井:空振り三振→アウトコースのスライダーで、空振り三振
  3. 古川:ピッチャーゴロ

全体的にいいコースにコントロールできていて、一軍にいた頃とは別人のピッチングだった。

威力自体はあるので、どこまでボールをコントロールできるかがポイント。今日はストレート、変化球ともによかった。

山﨑:60点

8回表

  1. 難波:ピッチャーゴロ→ボテボテの当たりだった。
  2. 上野:四球
  3. 片岡:セカンドゴロ→ボテボテの当たりだった
  4. 清宮:中二塁打→完全なセンターフライ性の当たりだったが、風に流された。ほぼセンターのエラー。
  5. 平沼:四球
  6. 万波:ライトフライ

投げっぷりはいいが、全体的に何が武器になるのかが見えにくい投球だった。

1軍を相手にした時に、どういうスタイルで勝負していくのかを構築していくことが求められる。

度胸はあって、その投げっぷりは評価したい。

堀岡:35点

9回表

  1. 王柏融:セカンドゴロ→ボテボテの当たりに打ち取った
  2. 谷口:左二塁打→レフトオーバーのツーベース
  3. 海老原:空振り三振→最後はフォークで空振り三振
  4. 高濱:四球→最後は勝負を避けた
  5. 上野:ライト前ヒット→一、二塁間を破られた
  6. 宮田:空振り三振→最後は落ちる球で、空振り三振。

2軍のバッターに対しては通用しているが、1軍経験がある谷口のようなバッターを迎えると心許なかった。

フォークはいいボールもあったが、いいボールと悪いボールの差が激しく、悪いボールを確実にやられてしまう。

1軍はそれを見逃してはくれない。

80点以上のボールを揃えられるようにしていかないといけない。

横川:40点

  1. 清宮:中本塁打→外の真っ直ぐをバックスクリーンへ運ばれた
  2. 平沼:空振り三振→最後は真ん中付近のスライダーで空振り
  3. 万波:サードゴロ
  4. 王柏融:中越え二塁打→センターフェンス直撃のツーベース
  5. 郡:(牽制アウトのため、打席なし)

下半身の粘りを若干感じなくなってるのが気がかり。

左バッターに簡単に打たれてしまうと、なかなか1軍は遠い。キャンプでは1軍だったが、だんだん1軍が遠のいてきている。

試合で目立った1軍に上がりそうな若手注目選手

野上は結果を出しているので、チャンスはあってもいいと考えた。

野手陣に関しては廣岡の打球方向がセンター中心になってくれば、さらに面白い存在になるだろう。

1軍に取って代わるような選手は現状いないが、二遊間の選手が不調になれば、廣岡にチャンスがるかもしれない。

【巨人戦・ドキュメンタリーはDAZN】

仮想通貨でシーズンシート購入