巨人vs中日3回戦(4月5日)振り返り!若手の走塁意識に注目!

 

巨人vs中日の3回戦。

松坂大輔登板で、注目された1戦でしたが、巨人どのような戦いを見せたのでしょうか?

その試合を振り返っていきます。

 

スポンサードリンク

巨人vs中日3回戦振り返り

1勝1敗の5分で迎えた3連戦の最終日。

巨人は勝ち越しを決めておきたい一戦だった。

 

大竹のピッチングをどう見るか?

今日の大竹のピッチングは序盤2回まではボールが抜ける場面が多く、投球フォームもやや開きが早いという印象だった。

しかし、3回以降は持ち味を発揮しており、ナイスピッチングだった。

大竹の持ち味はシュートだが、大竹のシュートが「曲がっている」時は調子があまりよくない。

逆に、シュートの曲がりが小さく、打者の手元で曲がっている時は調子がいい。

今日の大竹は途中から、いい時の大竹だった。

次回登板もあるはずなので、いい投球を続けてもらいたい。

 

吉川尚、岡本の走塁よし

吉川尚がポテンヒットで、2塁に向かった場面と岡本が盗塁を決めた場面は素晴らしかった。

わずかな隙を見逃さない両者の走塁はチームに勢いをもたらしている。

このような走塁ができるのは相手の隙を注意深く観察し、狙っている証拠だ。

今後もこのような走塁を継続していってもらいたい。

 

大城の出場機会は今後増える

大城の打球は力強く、すごくいいバッターだ。

長打も期待できるバッターなので、今後もスタメンマスクを週に1.2回か被ってもらいたい。

ホームランも期待できるので、長打を期待したい。

守る方でも、この前の野上登板の試合と今日の試合で、しっかり試合を作った。

 

立岡は大野奨以外から盗塁を決められるかが鍵

立岡は本日3盗塁。

見事な走塁だったが、相手のキャッチャー大野奨太は肘に不安がある。

怪我をしていないキャッチャーから、盗塁を決めることができれば本物だ。

投手の警戒も増してくるので、今後の盗塁に期待がかかる。

 

まとめ

救援陣に疲れが見えるが、質の高い救援陣だ。

マシソンが今シーズン初めて、接戦の場面で投げたが、いいピッチングをしてくれたであるのが収穫だった。

先発ピッチャーがもう少し投げてくれるとありがたい。

2カード連続の勝ち越しで、いいスタートを切ることができた。