巨人vsDeNA3回戦(2018年4月12日)総括!大竹炎上でどうにもならず!

 

どうも、激アツプロ野球人タケです。

2018年ペナントレース、巨人vsDeNA3回戦を総括します。

友だち追加

 

スポンサードリンク

巨人打線の入れ替え

今日の試合は打順を入れ替えました。

1番に坂本、3番にゲレーロ、4番にマギー、5番に岡本を起用。

動きを見せましたが、神宮球場の3試合目にも、何か動きを見せて欲しかったというのが正直な感想です。

しかし、動きを見せた以上、打線に期待!というところでした。

打線としてはまずまず機能していたので、この打順でも悪くはないという感じは受けた。

 

試合展開をTwitterとともに振り返る

試合中、Twitterを更新しています。

ご覧の通り、投球練習から、よくなかった。いや、悪すぎた大竹。

その悪さがそのまま試合にも出てしまっていた。

1回に崩れては、継投も何もない。実際どうすることもできないのが正直なところだ。

5点取られてはなかなか勝てない。

 

代打亀井の場面。

須田を打者1人で交代させ、エスコバーを投入。

細かい継投だった。

亀井の捉え方も決して悪くなかったが、センターフライ。

 

今日の試合で気になったこと

今日の試合で気になったことは

バッティングの状態は心配してないが、守備時のジャンプの場面やたまに見せる動きが気になる。

今後も注視していきたいところだ。

 

まとめ

巨人6連敗となった。

序盤の5点が痛すぎ、どうにもならない試合だった。

とはいえ、組み替えた打線は悪くはない。今後に期待したいところだ。

とにかく、今年はどうも失点が多い。

その失点を減らさないといけない。打線よりも大きな問題だ。

仮想通貨でシーズンシート購入