巨人オープン戦vsオリックス戦全選手本音採点と全結果(2021年3月12日)

巨人vsオリックスのオープン戦。

結果は3-2で巨人が勝利した。

【巨人戦・ドキュメンタリーはDAZN】

スポンサードリンク

巨人vsオリックス(3月12日)スタメン

巨人全選手採点

梶谷:70点

山本に手も足も出ず。

吉川:60点

山本から1本ヒットを放ったので、バッティングはよかった。

80点だったが、最終回のありえない守備で、65点とさせてもらった。アウトのタイミングだったので、あそこまで直線的に突っ込む必要はない。

局面をイメージできてない無意味なプレーだった。

坂本:70点

山本に対して結果が出なかった。

岡本:70点

巨人打線全般に当てはまることだが、山本に対応できなかった。

丸:70点

山本を打てなかったという点で、みんな70点。

中島:70点

山本に対して、結果を残せなかった。

亀井:80点

ヒットという結果は出なかったが、素晴らしい粘りを見せた。

大城:95点

山本由伸からホームランを打ったので、最高評価。

全く打てないピッチャーからホームランを打てるのは大きい。その後のツーベースもナイスバッティングだった。

強いて言えば、ピンチの場面での時間配分をしっかりしてほしい。

同じ間合いでピッチャーが投げ続けてしまった。

秋広:55点

スイングしていったのは良かったが、山本を打つことはできなかった。

まだ変化球対応できないが、筋力がつけば問題ないだろう。今日は山本由伸と対戦できたのでよし。

増田大:55点

二塁を飛び出し、セカンド牽制アウト。三盗にチャレンジしたが、失敗してしまった。

オープン戦なので、チャレンするのはOK。

ただ、採点としてよくはできないので、55点とした。

廣岡:80点

フォアボールをよく選んだ。

低めのフォークもあったが、手を出さなかったことは評価したい。

北村:95点

平野からライト前へクリーンヒット。

少ないチャンスの中できっちりと結果を残した。現状では若林と争うが、若林よりやや下という立ち位置。

今日のヒットで評価再浮上。

若林:97点

少ない打席の中で、猛烈にアピールしている。

逆球を完璧に仕留めて、逆転の長打を放った。文句のつけようのないバッティングで、評価を上げた。

ミスショットを少なくできているし、ツーベースも多く打っている。

ホームランとまでは行かなくても、ツーベースを多く打てるバッターになってほしい。

ウィーラー:65点

三振してしまったので、65点。

菅野:90点

順調な調整の一言。コントロールが乱れる場面がややあったが、開幕に向けて心配はなさそう。

戸根:80点

1イニング目はよかった。2イニング目は毎度のことバテる。

ただ、ペナント本番ではイニング跨ぎしない可能性が高いので、1イニング目を抑えたことは評価できる。

桜井:30点

かなりいいピッチングはしていた。

ただ、8回裏の牽制エラーからホームランでは評価ができない。90点ぐらいの内容だったが、最後の最後で30点へ。

正直、今日のピッチングの出来なら、大いにアピールして欲しかった。

それぐらい打たれるまでのボールは評価できる。

鍵谷:85点

9回に逆転したため、急ピッチで調整したはず。

いい球は投げていたが、失投もあった。打ち取った当たりで、ランナーを出したり不運な点はあったが、なんとか凌いだ。

順調に調整している様子。

巨人vsオリックス(3月12日)全打席結果

全選手結果です。

1回表:投手山本

梶谷:セカンドゴロ

吉川:レフトフライ

真っ直ぐに詰まって、レフトフライ

坂本:ライトライナー

カットボールを上手く流したが、ライトライナー

1回裏:投手菅野

太田:センターライナー

初球のストレートをセンター後方のライナー

吉田:セカンドゴロ

カーブでカウントを整えて、最後はインローのスライダーをセカンドゴロ

ジョーンズ:レフト前ヒット

速いボールを続けたが、外のストレートをレフト前ヒット

モヤ:右二塁打

低めの変化球をライトフェンス直撃のツーベース

頓宮:空振り三振

外のスライダーで、空振り三振

2回表:投手山本

岡本:ファーストゴロ

痛烈な当たりだったが、ファーストゴロ。

丸:空振り三振

低めの変化球で。空振り三振

中島:空振り三振

外のカットボールに空振り三振

2回裏:投手菅野

紅林:セカンドゴロ

インコースのボールで詰まらせて、セカンドゴロ

大下:サードゴロ

初球のインコースの早い球をサードゴロ。逆球だった。

佐野:レフト前ヒット

インコースのスライダーをレフト前ヒット

福田:四球

最後はインコースのスライダーが外れた。

太田:空振り三振

外のスライダーで空振り三振

3回表:投手山本

亀井:空振り三振

粘ったが、最後は空振り三振

大城:レフトフライ

外の真っ直ぐに合わせたが、ライナー性のレフトフライ。

秋広:空振り三振

最後は落ちる球に空振り三振。

3回裏:投手菅野

吉田:ファーストライナー

初球のインサイド真っ直ぐを打ったが、ファーストライナー

ジョーンズ:ショートライナー

外のスライダーで打ち取った。バットの先。

モヤ:ショートゴロ

シュート回転したインコースの真っ直ぐに詰まり、ショートゴロ

4回表:投手山本

梶谷:ピッチャーゴロ

カーブでタイミングを外され、ピッチャーゴロ

吉川:センター前ヒット

抜けた変化球を二遊間へゴロヒット。

坂本:空振り三振

変化球の抜け球に空振り三振

岡本:セカンドフライ

高めのカーブを打ち上げた。

4回裏:投手菅野

頓宮:レフトフライ

変化球で泳がせて、レフトフライ

紅林:空振り三振

外の真っ直ぐで空振り三振。

大下:センターフライ

インコースで詰まらせて、センター定位置のフライ。

5回表:投手山本

丸:ライトライナー

中島:ショートゴロ

外のカーブを打ち、ショートゴロ。

亀井:サードファールフライ

インコースの真っ直ぐに詰まった。

5回裏:投手菅野

佐野:セカンドゴロ

初球インコースで詰まらせて、セカンドゴロ

福田:ファーストゴロ

外からのスライダーで、ファーストゴロ

太田:ショートゴロ

3-2から外のスライダーで、ショートゴロ

6回表:投手山本

大城:左本塁打

3-0から流し打ちでホームラン!

秋広:空振り三振

高めのストレートに空振り三振

梶谷:ファーストゴロ

カーブをファーストゴロ

吉川:セカンドゴロ

真っ直ぐを引っ掛けて、セカンドゴロ

6回裏:投手戸根

吉田:ライト前ヒット

インローのボール球をライト前ヒット

ジョーンズ:レフトフライ

外の変化球をレフトフライ。

モヤ:センターフライ

インコースの真っ直ぐをセンター後方のフライ。

頓宮:ショートゴロ

低めの変化球を引っ掛けて、ショートゴロ。

7回表:投手山本

坂本:セカンドゴロ

外の真っ直ぐをセカンドゴロ

岡本:空振り三振

外の真っ直ぐで空振り三振。

丸:四球

粘ってフォアボールを選んだ。

中島:セカンドゴロ

7回裏:投手戸根→桜井(杉本の打席)

紅林:サード内野安打

サードボテボテの当たりで、サード内野安打。アウトのタイミングだったが、送球がハーフバウンドになり、ファーストが弾いた。

大下:捕犠打

送りバント成功。

佐野:レフト前ヒット

インコースの真っ直ぐが真ん中に入って、レフト前ヒット

杉本:空振り三振

カーブで入り、インコースの真っ直ぐ、アウトローの真っ直ぐと素晴らしいボールで打ち取った。

太田:ライトフライ

甘いボールだったが、ライトフライ。

8回表:投手山本

山下:ファーストゴロ

インコースのカットボールに詰まらされた。

大城:左二塁打

カーブを三塁線にツーベース。大きなアピールになった。

秋広:空振り三振

8回裏:投手桜井

T-岡田:センターフライ

高めの変化球をセンターフライ。

中川:

宜保:レフト前ヒット

インコースのスライダー

頓宮:左本塁打

高めのカーブを捉えられた。

9回表:投手平野

松原:ライトフライ

変化球にうまく対応したが、ライナー性のライトフライ。

吉川:セカンドゴロ

真ん中付近の球だったが。セカンドゴロ。

廣岡:四球

北村:ライト前ヒット

一、二塁間へクリーンヒットを放った。

若林:右中間二塁打

甘く入った真っ直ぐを右中間へ。逆転の2点タイムリーツーベース。

ウィーラー:空振り三振

最後は低めのフォークボールに空振り三振。

9回裏:投手鍵谷

中川圭:セカンド内野安打

セカンドボテボテのゴロだったが、送球が逸れた。

佐野:空振り三振

杉本:センター前ヒット

外のスライダーをセンター前ヒット。

太田:キャッチャーファールフライ

初球のスライダーをキャッチャーフライ

T-岡田:四球

伏見:サードゴロ

初球を打って、サードゴロ。

【巨人戦・ドキュメンタリーはDAZN】

仮想通貨でシーズンシート購入