巨人2021年キャンプレポート第2クール4日目(2/9)【フリー打撃など】

巨人キャンプ2021年第2クール最終日のレポートです。

この日の中継はフリーバッティング中心でした。

スポンサードリンク

フリーバッティングの総評

フリーバッティングの総評です。

岡本

調整は順調の様子。怪我さえしないことを祈る。

松原

広角に打ち分けていて、ミート率が高い。

岡本と松原がフリーバッティングでは確率が高いバッティングをしている。

若林

左打席は引っ張り多めだが、外寄りのボールは流して打っていた。

実戦で結果を出すだけ。

重信

外のボールを捉える確率が少し低い。

そして、外角を捉えたかと思うとインコースが打てなくなっていた。

新しいフォームに挑戦しているとのことだが、紅白戦を含めて、少し寂しい内容が続いている。

石川

実戦での結果を出すのみ。いつもは捉える確率が高いが、今日のフリーバッティングでは打ち損じも多かった。

北村

フリーバッティングでは引っ張りが多い。昨日の紅白戦では犠牲フライを打ったが、内容としては微妙だった。捉えるポイントが1軍のポイントではなかった。修正したい。

増田大

真ん中からやや外は問題なく打っていた。実戦での結果を積み重ねるのみ。

香月

実戦での力みをどうするかがポイント。

速いボールに対して、バットが間に合わない時がある。

岸田

パワーを見せつけるフリーバッティング。疲れからか、いつもよりバットが外から回っていた。岸田も実戦での結果が求められる。

湯浅

始動が少し遅れていた。打ち損じる球が今日は多かった。

大城

若干疲れが見えていた。がんばれ!

桑田コーチ生インタビュー

「2月は自分の課題をやり切っていい月。3月は結果を重視していかないといけない。課題を理解しながら取り組んでいる。」

「戸郷は先発の柱になってもらわないといけない。去年と同じでは難しい。研究の上をいかないといけない。15勝6敗ぐらいの成績は求めたい」

「平内は体力・メンタルが強そう。あとは技術。技術力を磨く作業を集中してやる。1年間怪我をせず投げ切ってくれるのが目標。」

「選手に必要なことは長所を把握して、全面に出して投げていくことが大切。」

 

野球の様々な情報を発信中

野球中継をネットで楽しむ方法

 

原辰徳采配研究

原辰徳采配〜主力打者へのバントを考察