巨人2021年キャンプレポート第3クール4日目(2/14)【1箇所バッティング】

今日は雨天のため、室内練習場での練習となりました。

1箇所バッティングの中継があったので、その模様からわかったこと中心に紹介します。

スポンサードリンク

宮崎キャンプ最終日〜1箇所バッティング〜

1箇所バッティングの内容をまとめました。

秋広、畠からセンター前ヒット性の当たり

紅白戦が中止になったものの、1箇所バッティングで、畠からセンター前ヒットのあたり。

しっかりスイングをしており、評価をさらに上げた模様。

畠のストレート自体もそれほど悪くなかったので、高評価と言える。

岡本和真、打撃好調気配

紅白戦では結果が出なかった岡本和真だが、今日の1箇所バッティングではきっちりと結果を出した。

ホームラン性の当たりを2本放っており、調整は順調。

沖縄に渡ってからの練習試合での調整具合に注目だ。

戸郷、153キロを計測

戸郷のピッチングはかなり仕上がっていた。

現状、全く問題ない。

これからの練習試合で、順調な調整を期待したい。

秋広、今キャンプ初めてのファースト練習、外野も挑戦へ

今キャンプ注目を集めている秋広。

これまでサードの練習が主だったが、今日はファーストの守備位置で練習を行った。

高校時代はファーストが主な守備位置だった。

外野守備挑戦へ

原監督は秋広の今後の外野手に挑戦を明言し、これからはサード・ファースト・外野で出場機会をうかがう。

秋広のバッティングを生かす狙いか?

とにかく出場機会を確保して、バッティングをアピールしてほしい。

沖縄キャンプ参加メンバー決定

紅白戦で白組だったメンバーがそのまま1軍帯同となりました。

秋広選手も1軍帯同となったので、今後も期待です。

桑田コーチのインタビュー

「2連覇に導いたコーチ陣は立派。ただ、巨人は日本一を要求される。ソフトバンクの先を見るぐらいの意識が必要だと思っている」

「求めているものがある。ただ、インタビューで話すわかにはいかない内容」

「マウンドは孤独で恐怖。それを乗り越える術をブルペンでは伝えたい。」

仮想通貨でシーズンシート購入