巨人2021年キャンプレポート第3クール2日目(2/12)【秋広・八百板は1軍に残れるか?】

第3クール2日目。

この日が2軍から秋広・八百板・戸根が1軍に合流。

増田大・重信・香月・古川が2軍へ降格となった。

スポンサードリンク

巨人キャンプ今日はややおやすみモード

今日は雨天ということもあり、おやすみモードだった。

室内練習中心の調整。

2軍は外での練習をしていて、しごかれていた。

現状2021年シーズン開幕1軍の可能性がある若手選手

最も可能性がある選手は横川凱。

紅白戦に出た若手選手で言うと、菊田・伊藤・八百板・平間・秋広などがいるが、横川が最も可能性がある。

他の選手はまだ2軍の可能性が高いが、面白い選手はたくさんいる印象。

  1. 横川
  2. 八百板
  3. 秋広

という順番で見ている。

そして、今年の高卒野手はかなりいい。

驚くようなバッティングをしている選手が中山・秋広と2人もいる。

秋広は開幕1軍ではなく、2軍を希望

基本的には2軍で育てた方がいいと思っている。

バッティングセンスはピカイチだが、一番恐れているのは1軍のピッチャーを打てずに、フォームをいじくってしまうこと。

1軍のピッチャーと対戦すれば、当然壁にぶち当たると思うが、その時にごちゃごちゃしてほしくない。

体をしっかり鍛え、今のフォームでまず勝負して欲しい。

打撃フォームを改造するなら、それから。(ぶっちゃけ変える必要はあまりないと思うが)

体力・筋力の部分で足りない部分が当然あるので、そこを鍛え、今のフォームをさらに強化してほしい。

八尾板は頑張って欲しいが・・・

八尾板のバッティングは定評がある。

しかし、守備と走塁で1軍の他選手に劣ってしまう以上、相当打たないといけない。

「他の選手に比べて、少しいい」ぐらいでは1軍に残れない。

打率3割以上+長打力が求められる。

松原より圧倒的に打つことが1軍に残るポイントだ。

 

野球の様々な情報を発信中

野球中継をネットで楽しむ方法

 

原辰徳采配研究

原辰徳采配〜主力打者へのバントを考察