プロ野球トライアウト過去の合格者とその後の成績一覧!

      2017/11/15

スポンサーリンク

 

毎年秋に行われるプロ野球トライアウト。

2001年に始まり、毎年プロ野球選手が生き残りをかけて戦っている場所です。

今回はそんなトライアウト過去の合格者についてまとめました!

 

スポンサーリンク

トライアウト過去の合格者一覧

プロ野球トライアウト合格者を年度ごとにまとめました。

残念ながら、合格者がない年もあります。厳しい世界だと改めて感じます。

 

2001年

2002年の合格者は以下の選手です。

 

吉田好太

近鉄を戦力外になり、トライアウトを受験。

横浜ベイスターズ(現DeNA)に移籍しましたが、1軍出場は果たせず、翌2002年に引退しました。

 

2002年

トライアウトによる合格者なし。

 

2003年

2003年のトライアウトを受験した選手で、移籍を果たした選手は1人です。

 

宮地克彦

トライアウトを受験したものの、獲得球団はなかった。

しかし、その後、ダイエーにテスト入団。

2005年にベストナインを獲得するほどの活躍を見せました。

 

2004年

2004年は9人の選手がトライアウトに合格しました。

 

宇野雅美

巨人、広島と渡り歩いた後、戦力外通告を受け、一時は社会人野球で活躍していた宇野。

その宇野が2004年トライアウトに受験し、ヤクルト入団が決まりました。

2005年は1軍で6試合に登板したが、その後は1軍登板なく、2007年オフに戦力外通告を受けました。

 

富岡久貴

2004年オフに横浜を戦力外になり、トライアウトを受験。

そこでの結果が評価され、西武ライオンズに移籍した。

富岡にとって、これが2度目の西武復帰となりましたが、1軍登板はなく、楽天に移籍。

移籍先の楽天でも登板機会はなく、2009年に引退した。

 

三沢興一

2004年に巨人を戦力外になった三沢興一はトライアウトを受験し、ヤクルトに合格しました。

しかし、ヤクルトでは活躍することができずに、2006年再び戦力外通告を受けました。

その後、再びトライアウトを受験し、中日に合格。

復活が期待されましたが、1軍登板なく戦力外通告となりました。

現在は巨人のコーチとして、活躍中です。

 

井出竜也

2004年に巨人を戦力外通告になった井出竜也はトライアウト後にソフトバンクに移籍。

2005年は77試合に出場したものの、2006年は1軍出場なし。

現役引退となりました。

 

代田健紀

2004年オフにトライアウトを受け、ロッテに再入団を果たしました。

2003年までロッテに所属していた代田ですが、2004年は所属球団なし。

その中で、トライアウトを受験し、見事合格。

その後、1軍で度々活躍を見せ、ロッテには2008年まで在籍。

2008年オフに現役引退しました。

 

野村克則

野村克也氏の息子として知られる野村克則(カツノリ)

2004年巨人を戦力外通告になり、トライアウトを受験しました。

そのテストに合格し、楽天に入団。

2005年の出場試合数は少なかったものの、2006年は出場機会増やしました。

しかし、その年のオフに戦力外通告。

現役引退となりました。

 

林孝哉

2004年オフに日本ハムを自由契約となった林はトライアウトに参加。

ロッテへの入団が決定しました。

ロッテ移籍後の2005年は1軍に5試合出場。2006年は1軍出場なしで、同年引退となりました。

 

福井敬治

2004年オフに巨人を戦力外となった福井はトライアウトに参加。

広島への入団が決まりました。

2006年まで広島に在籍しましたが、戦力外通告を受け、引退となりました。

 

2005年

2005年の合格者は2名でした。

 

小倉恒

2005年楽天を戦力外通告になり、トライアウトを受験。

その結果、楽天が再契約するという珍しい事態になった。

当時楽天の新監督となった野村克也氏が推薦しての再契約で、それが功を奏し2006年は58試合に登板。防御率は2.18と大活躍しました。

しかし、その後は調子が上がらず、2008年に現役引退となりました。

 

瑞季(田中瑞季)

2005年ダイエー(現ソフトバンク)から戦力外通告を受け、トライアウトを受験。

ロッテへの入団が決まりました。

しかし、移籍後1軍出場はなく、2006年オフに現役引退となりました。

 

 

2006年

合格者は3人でした。

遠藤政隆

中日を戦力外になった遠藤はトライアウト後にヤクルトに入団。

2007年は38試合に登板したものの、2008年は1軍登板なく、その年のオフに引退した。

 

定岡卓摩

トライアウトに参加し、ソフトバンクからロッテに移籍。

その後、楽天に移籍したが、1軍出場は2012年の16試合のみに留まった。

 

2007年

2007年の合格者は7人でした。

 

石川賢

合同トライアウト後、楽天に移籍。

しかし、1軍登板はならず、2010年に現役引退しました。

 

谷中真二

楽天を戦力外になった谷中はトライアウトの後、西武に入団。

西武での登板機会は限定的となり、2010年に引退しました。

 

荻原淳

日本ハムを戦力外になった後、トライアウトを受験。

ヤクルトに入団することになりました。

移籍2年間は年間30試合前後、1軍で登板しましたが、2010年は1軍登板なく、現役引退となりました。

 

小関竜也

2007年巨人を戦力外になった小関はトライアウトを受験し、横浜に移籍。

横浜では49試合に出場したものの、戦力外となった。

 

斉藤宜之

2007年巨人を戦力外になった斉藤はトライアウトを受験し、ヤクルトに移籍。

移籍後は2年間で、25試合の出場に留まり、2009年に現役引退となりました。

 

斉藤秀光

ソフトバンクを戦力外になった斉藤はトライアウト受験を経て、横浜に移籍。

しかし、2008年に7試合、2009年は1軍出場機会なしで、再びトライアウトに挑戦したものの、合格とはならず、現役引退となりました。

 

三浦貴

巨人を戦力外になり、トライアウトを受験。

その後、西武への移籍が決まった。

しかし、西武でも出場機会は少なく、2009年に現役引退となりました。

 

2008年

2008年の合格者は5人でした。この年から育成契約される選手が出てきました。

 

大西正樹(育成契約)

ソフトバンクを戦力外になった後、トライアウトに挑戦し、その結果ソフトバンクに育成として再契約されました。

 

ユウキ(育成契約)

オリックスを戦力外になった後、トライアウトを受験し、ヤクルトに育成選手として入団しました。

ヤクルト移籍後の2009年は支配下選手となり、5勝6敗 防御率3.40と好成績を残しました。

しかし、2010年は怪我に悩まされ、その年限りで、現役を引退しました。

 

中村泰広(育成契約)

日本ハムを戦力外になった中村泰広。

トライアウト後、育成契約で阪神に入団したものの、1軍登板なく引退となった。

 

森岡良介

中日を戦力外になった森岡。

トライアウト後、ヤクルトに移籍し活躍。

2014年からは選手会長も務めました。2016年に現役引退となりましたが、長きに渡り活躍しました。

 

吉本亮

ソフトバンクを戦力外になった後、トライアウトを経て、ヤクルトに入団しました。

2009年、2010年の2年間で、54試合に出場したものの、2011年は1軍出場なし。

同年オフに引退しました。

 

 

2009年

2009年の合格者が1人でした。

西谷尚徳(育成契約)

楽天を戦力外になった後、トライアウト参加を経て、阪神に育成契約で入団。

しかし、1軍出場することができずに、2010年引退しました。

 

2010年

2010年の合格者は5人でした。

小林雅英

巨人を戦力外通告になった小林雅英はトライアウト後に、オリックスへの移籍を果たしました。

しかし、オリックス移籍後は結果を残せず、6試合の登板に終わり、2011年限りでの引退となりました。

 

多田野数人

2010年日本ハムを戦力外となり、トライアウトを受験。

その結果、日本ハムと再契約となりました。

再契約後は2012年に6勝を挙げたものの、その後は勝ち星を挙げることができず、2015年からは独立プレーですることになった。

 

荒川雄太

ソフトバンクを戦力外になった後、トライアウトに参加し、西武に移籍。

しかし、移籍後は1軍出場なく、現役引退となりました。

 

大城祐二(育成契約)

阪神を戦力外になった後、トライアウトを受験し、ソフトバンクに育成選手として、入団しました。

しかし、移籍後1年で戦力外通告となりました。

 

大西宏明(育成契約)

横浜を戦力外通告となった後、トライアウトを受験。その後、ソフトバンクの育成選手として、契約しました。

しかし、1年で自由契約となり、現役を引退しました。

 

2011年

2011年の合格者は7人でした。

阿部健太

阪神から戦力外通告を受けた阿部はトライアウト後、ヤクルトへ入団。

ヤクルト入団後は3年間で、44試合に登板したものの2014年に戦力外通告を受け、引退となりました。

 

木下達生

日本ハムを戦力外になった木下はトライアウトに参加し、中日に移籍。

一軍登板を果たしたものの、1年で再び戦力外となりました。

再びトライアウトを受けた木下はヤクルトに入団。

1軍登板なく、2012年オフ引退となりました。

 

加藤大輔

2011年オフにオリックスを戦力外になった加藤大輔。

トライアウトを受験し、楽天に入団。

移籍1年目は35試合に登板したが、2年目は6試合に登板し、防御率は8点台。

成績を残せず、引退となりました。

 

中谷仁

2011年楽天を戦力外になった中谷はトライアウト後、巨人に入団しました。

しかし、移籍後の出場機会はほとんどなく、2012年限りで現役引退となりました。

 

石井義人

2011年オフに戦力外通告を受けた石井義人。

トライアウト受験後に巨人に入団しました。

巨人に入団後は代打の切り札として活躍したものの、2014年は出場機会が減り、その年限りで引退となりました。

 

紺田敏正

2011年オフに巨人を戦力外になった紺田。

トライアウト受験後に、日本ハムに入団しました。

その後は1軍出場なく、現役引退となりました。

 

小林高也(育成)

中日を戦力外になった小林高也。

トライアウト後に、育成選手として巨人に入団しました。

しかし、1軍出場なく引退となりました。

 

2012年

2012年合格者は5人でした。

星野智樹

2012年西武を戦力外になった星野はトライアウトを受験。

楽天に移籍した。

しかし、成績を残すことができずに、2013年オフに引退しました。

 

大立恭平 育成

巨人を戦力外になった後、トライアウトを受験、ソフトバンクに移籍しました。

しかし、1軍登板なく引退となりました。

 

蕭一傑(育成)

2012年阪神を戦力外になり、トライアウトを受験。

ソフトバンクに移籍したものの、1軍登板はなりませんでした。

 

林啓介(育成)

ロッテを戦力外になった後、トライアウトを経て、阪神に入団。

しかし、1軍登板なく、引退となりました。

 

柴田亮輔(育成)

オリックスを戦力外になった後、育成としてソフトバンクに入団。

しかし、2013年オフに戦力外通告を再び受けた。

 

2013年

2013年の合格者は4人でした。

 

有馬翔(育成)

ソフトバンクを戦力外になった後、トライアウトを経て楽天に入団。

しかし、1年で戦力外となりました。

 

勧野甲輝(育成)

楽天を戦力外になり、トライアウト後、ソフトバンクの育成選手として契約しました。

しかし、1年で再び戦力外通告を受けました。

 

細山田武史(育成)

DeNAを戦力外通告になった細山田。

育成選手としてソフトバンクに移籍した。

2015年に1軍出場を果たしたものの、その年のオフに戦力外通告を受けました。

 

松冨倫(育成)

巨人を戦力外になった松冨はトライアウトを経て、ソフトバンクに育成選手として入団。

しかし、1年で戦力外通告を受けました。

 

2014年

2014年の合格者は7人でした。

佐藤祥万

日本ハムを戦力外になった佐藤はトライアウト後に、広島に入団。

2016年には1軍登板を果たしました。

 

梅津智弘

広島を戦力外になった後、トライアウトを経て、楽天に入団。

しかし、移籍後は1試合の登板に留まり、戦力外通告を受けました。

 

八木智哉

オリックスを戦力外になった後、トライアウトに挑戦。

中日に入団した八木。

移籍1年目は4勝を挙げたものの、2017年オフに戦力外通告を受けました。

 

東野峻

オリックスを戦力外になった東野はトライアウト後、DeNAに移籍。

しかし、1軍登板は1試合に留まり、2015年オフに引退となりました。

 

田中大輔

中日を戦力外になった田中大輔。

トライアウト後、オリックスに移籍したものの、2年間で2試合の出場に留まり、2016年オフ戦力外通告を受けました。

 

森越祐人

中日を戦力外になった森越はトライアウト後に阪神に移籍。

移籍後の1軍出場は限定的だが、2017年はプロ入り最多の29試合に出場しました。

 

井野卓

巨人を戦力外になった井野はトライアウト後にヤクルトへ移籍。

1軍試合出場数は2桁に満たないのが現状です。

 

2015年

2015年は3人が合格しました。

ウーゴ(育成)

ヤクルトを戦力外になったウーゴはトライアウト後に巨人に育成として入団。

その後、支配下登録されたものの、1軍登板はなく戦力外通告を受けました。

 

白根尚貴

ソフトバンクを戦力外になった白根はトライアウト後、DeNAへ移籍。

移籍後は1軍出場を果たし、2017年にはプロ初のホームランを放った。

 

鵜久森淳志

北海道日本ハムを戦力外になった鵜久森。

トライアウト後に、ヤクルトへ移籍しました。

移籍後はサヨナラホームランを放つ等、印象的な活躍を見せ、チームに貢献。

一軍に定着しています。

 

2016年

2016年トライアウトの合格者は3人でした。

 

榎本葵

2016年オフ楽天を戦力外になった榎本はトライアウトを経て、ヤクルトへの入団が決まりました。

しかし、2017年オフに再び戦力外通告を受けました。

 

柴田講平

阪神を戦力外になった後、トライアウトに挑戦。

トライアウト後にロッテへの入団が決まりました。

 

久保裕也

2016年オフにDeNAを戦力外になった久保裕也。

トライアウト受験後、楽天の春季キャンプにテスト生として参加。

見事、合格を果たしました。

しかし、2017年オフに戦力外通告を受けました。

 

過去のトライアウト合格者~まとめ~

トライアウトに合格し、移籍を果たすのはごくごく少数。

狭き門です。

毎年11月に行われるトライアウト。大注目です。

トライアウト注目!!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - オフシーズン情報