巨人はなぜ大田泰示を育てられなかったのか!?

   

スポンサーリンク



2016年オフトレードで巨人から日本ハムに移籍した大田泰示。

その大田が巨人戦で、大爆発した。

大田の今シーズンは6月11日時点で、キャリアハイのホームラン8本を放つ等、大活躍!!

なぜ巨人時代に活躍できなかったのでしょうか???

スポンサーリンク

・2016年の大田泰示

2016年、大田は交流戦で、大谷翔平からホームランを放った。

その直近の試合でも、右中間にフェンス直撃のツーベースを放つ等大活躍!

2016年シーズン、大田が一番活躍した期間だった。


しかし、日本ハム戦以降は調子を落とし、登録抹消。

その後も、何度か一軍昇格を果たしたが、打撃で結果を残せず。

2016年は打率.202 4本塁打 13打点で、シーズンを終えた。

・大田の課題はメンタル面にあった

大田の課題はメンタル面にあった。

前述の日本ハム戦。

その初戦の最終回大田はレフトの守備についていた。

1点差の9回守護神澤村が崩れ、3つの四球で、2アウト満塁のピンチを招き、バッターは谷口


そして、谷口の放った打球がレフトを襲った。

レフトやや後方の比較的やさしいライナー性の打球であったが、大田の足は動いていなかった。

かなり危なっかしい取り方で捕球し、ゲームセットになったものの大田の動きからわかったことがあった。

メンタルがかなり動きを窮屈にさせている

上手い外野手はかなり動きが警戒だ。

巨人に移籍してきた陽を見てほしい。

捕球の際、かなり余裕がある。

それが通常だ。

しかし、大田の場合は動きがあまりにも固まってしまっていた。

その場面以外の打球はあそこまで動きが硬いということはなかったので、明らかにメンタル面の問題だった。

・巨人では育成が無理だった

巨人には育成は無理だった。

大田に関して言えば、メンタル面での重圧を最大限に落とすことがなにより重要だったが、巨人ではそれは難しい。

ちょっと悪いプレーをすれば、メディアやファンは黙っていない。

それを和らげるものがあれば、変わったかもしれないが、巨人ではそれが無理だった。

成績を残せなければ、入れ替えが行われる。

その方針が大田には合っていなかったように思える。

・選手には2つのタイプ

選手には2つのタイプがある。

安定した起用によって、メンタルが安定。または意気に感じて、活躍するタイプ

刺激を何かしらの形で与えた方が活躍する選手

巨人は1軍2軍の入れ替えが盛んで、安定した起用はずば抜けた成績を残さない限り、スタメン定着はない。

安定した起用によって、意気に感ずるタイプ」の選手は力を発揮することが難しい環境であった。

残念ながら、大田には合っていなかったのである。

スポンサーリンク
が、選手個々に応じて、いろいろな対応があっていいはずだ。

・まとめ~巨人の育成~

巨人の育成システムも、最近盛んに問われてくるようになった。

巨人は育てられない球団と言われるようになり、実際に若手の野手はほとんど育ってきていない。

これは球団に大きな問題がある。

1選手をどのように育てるのかという方針がコロコロ変わっていてはダメだ。(長打→当てるバッター等)

数年単位の長期ビジョンを持って選手を育ててもらいたい。

 - パ・リーグ全般, 巨人の若手