プロ野球配球の凄さ~大きく外に外すストレートはなぜ使わるのか?~

   




配球とは打者とキャッチャーとの駆け引き。

正解があるのかないのかわからないような複雑な世界です。

しかし、考え方が確立されているものもあります。

今回は「外に大きく外すストレート

なんで、外にあんなボール球を投げるのか?

そこに迫っていきます!!!

・外に大きく外すストレートとは?

外に大きく外すストレート。

よく見かけます。

追い込んだ後、一球外に・・・なんてことはよくあります

投げる場所は下の図の①のあたり(右打者の場合)




最初からキャッチャーがボールゾーンに構えていて、ピッチャーはそこに投げ込みます。

一体何の意味があるんだ

と考えがちですが、様々な意味があります。

・ピッチャーがバッターの反応を見やすい

ピッチャーが打者の反応を見やすい。

これが1つ目の意図。

インコースにボールを投げると、コントロールミスが許されないため、余裕が生まれません。

その結果、打者の動きを観察しきれないことがあります。

しかし、アウトコースに投げると、そこまで細かなコントロールが要求されないので、余裕が生まれ、打者の反応を見ることができるのです。

その反応をもとに、次のボール選択しすることができます。

ピッチャーが打者の動作をどうしても確認したいと時、アウトコースのボール球が選択される場合があります    

    

   

   

・見せ球としての外し球

アウトコースに大きく外すボールの後に考えられるボールは主に2つ。

数少ない例外もありますが、まずはそのうちの1つから。

下の図をご覧ください。


   

この図は①に見せ球を投げた後、②の位置のボールを要求するパターンです。

①で、外を意識させ、次は内に強いボールを投げ込んでいきます。

内と外の幅を上手く使う配球です。

この場合、①に投げたから、②に投げると言う考えではなく、②のボールを使いたいが、いきなり投げるのは怖いので、①にまず見せ球を見せてから、②に行くという考え方です。

①のボールに対しての打者の反応を見ながら、ボールを選択していきます。

続いては違うパターン




①の位置の見せ球の後、②の位置に投げ込むパターン。

この場合、②は変化球になります。

スライダーがあるピッチャーだと特に有効です。

配球には「同じ球を2球続ける時の2球目は甘くなってはいけない

という考え方があります。

同じ球の2球目が甘くなると、1球目で打者の目が慣れていて、ボールを甘く感じるので、打たれやすくなります。

それ故の「同じ球を2球続ける時の2球目は甘くなってはいけない

です。

上の図はその考えを逆に利用します。

①よりあえて、甘い位置からボールを曲げる。

すると、打者は「甘い」と判断するので、スイングしやすくなり、結果変化球に空振り。

バッテリーはこれを狙っています。

この2つが外の外し球の後に投げるパターンの基本筋で、95%はこの2つのどちらかになってきます。

しかし、例外もあります。

・外の見せ球の後に外の真っすぐという例外

2016年の交流戦明け。

巨人のキャッチャー小林が怪我で離脱した時期がありました。

その時、キャッチャーをしていた實松が魅せてくれたリードです

   

①の見せ球の後に、②の位置に真っすぐを投げ、見逃し三振を狙うパターンです。

実際に見逃し三振を奪っていましたが、これはあまり見られない相手の裏をかくリードです。

先ほど「同じ球を2球続ける場合、2球目は甘くなってはいけない

と述べましたが、この例は明らかに2球目が甘いボールです。

が、打者によっては「ストレートの見せ球の後は変化球だろう

と考えるので、その考えの逆を突いています。

巧みな配球です。

このパターンは滅多に見られません。

外の真っすぐの後に外真っすぐは、やはり怖いからです。

・アウトコースの見せ球まとめ

まだまだ配球は奥深く・・・

今回の記事は配球に対する入口に過ぎません。

凄さはまだまだあります。

今回の記事を取っ掛かりにして頂ければ、ありがたいです。


 - 未分類