巨人陽岱鋼獲得へ動く!FAプロテクト名簿は!?

      2017/10/15

激アツプロ野球人です。

2016年、巨人のオフシーズンは活発です。

すでに、森福・山口の獲得、ケーシー・マギーの獲得は発表されていますが

ここにきて、陽の獲得に動き始めました。

もし、陽が来た場合どうなるのでしょうか??

・補強ポイントには合致する陽の補強

今シーズンの巨人の戦いぶりから、巨人の補強ポイントは上位打線を打てるバッター

そして、センター・セカンドでした。

このポイントに合致する選手を育成するか獲得するかの二択を迫られていました。

セカンドはドラフトで、吉川尚輝を獲得。

楽天からトレードで柿沢を獲得しました。

これら2選手に加え、山本・クルーズ・片岡・辻らが争うことになると思います。

そうなってくると、残るはセンターです。

センターで上位打線が打てる。

そこで、今回FA宣言をしたように白羽の矢が立ったのでしょう。

・陽を獲得した場合、若手の出場機会を奪い、若手の出場機会を作る

さて、相反する矛盾するようなタイトルになっていますが、意味があります。

まず外野手と言う点で見ると、立岡・重信・橋本といったあたりの出場機会がなくなってくるのは避けられません。

陽・ギャレット・長野がスタメンになるでしょうから、この3人が怪我をするか、不振に陥らない限り、若手の出番はなくなってしまうのです。

しかし、その分セカンドの若手は起用しやすくなります。

1番に陽が入ると、6番長野、7番ギャレットの流れにすることができ、これなら、2番に若手セカンドを起用しやすくなるのです。

逆に、陽が巨人に加入しなかった場合

1番に長野が入り、6番にギャレットが入る可能性が高いので、2番と7番が弱くなります。

仮に2番にセカンド吉川を入れる場合、7番は立岡か橋本、またはトレード加入の石川。

7番がやや力不足です。

それであれば、2番に立岡・橋本・重信らを入れ、7番はセカンドでクルーズを使うのが下位打線の破壊力という点から、ファーストチョイスになるでしょう。

すなわち

陽が巨人に加入すると、「外野の若手の出場機会は減るが、セカンドの若手の出場はさせやすくなる」

陽が巨人に加入しないと、「外野の若手は出場できるが、セカンドはクルーズの可能性が高ま
り、セカンドの若手の出場機会が減る」

ということです。

「FAで選手を取ると、若手の出場機会が減る」という意見があり、確かにそういう面もあります。

ただ、ここに書きましたように、短絡的な議論で片づけることはできません。

いろんな要素が混ざり合っています。

なので、そのいろんな要素をすべて見た上で、物事を判断していく。

それが大事だと思っています。

セカンドを育てるなら、陽獲得

外野手を育てるなら、陽を獲得しない。

これが陽獲得に対する私の考えです。

・陽に対する人的補償プロテクト予想

山口俊の時にもありましたが、陽も獲得した場合、人的補償が必要とのことです。

なので、今回もプロテクト予想をしてみました。

【巨人プロテクト予想】

投手【17名】

澤村、菅野、桜井、宮國、田原、戸根、高木勇、田口、西村、吉川光、山口俊、中川、平良、内海、大竹、山口鉄、杉内

捕手【2名】

小林、宇佐美

内野手【4名】

坂本、阿部、村田、岡本

外野手【5名】
長野、亀井、重信、立岡、橋本

と予想しました。

非常に難しい判断です。

ここに入っていない選手では

投手では、江柄子、長谷川、今村
捕手では、實松、相川
内野では、寺内、吉川大、脇谷、片岡、中井、山本
外野では、松本、堂上、石川慎吾

らを予想しますが、石川は日本ハムからトレードされたばかりなので、戻ることはないでしょう。

とにかく、巨人からは2名人的補償で流出する可能性があります。

陽獲得となるかならないかはわかりませんが、今後の推移を見守っていきたいです。

<FA関連記事>




 - オフシーズン情報