バッティングセンターでホームランを打つには!?感覚と体のズレを学ぼう!!

      2017/10/10

バッティングセンターに

この前行ってきました。
10月に行った時は、内容がひどかったので、だいぶ今日はマシでしたが、

それでもまともにスイングできたのは

10球
だけでした。
あとはバテバテ…
どうしようもありません。
しかし、なんとかヒット性のあたりを打つことができました(笑)
まぁ、僕のことはさておき
バッティングセンターで、どうしたら打てるのか考えてみましょう!!
まずこれだと思います。
自分が頭に思い描いている動きと、実際に体がしている動きはだいぶ異なっています。
僕もだいぶイメージと体の動きが違いますが、仕方ありません。
プロ野球選手がしてるスイングに近い方がいいスイングなわけですから、そちらに近づけなければなりません。
そうやって、試行錯誤した結果私は
バットを真上から、真下におろす!!
ぐらいの感覚でやっています。
もう真下にバットを出します。
それぐらいのイメージです。
水平(レベル)にバットを振ろうと意識すると、どうしてもヘッドが寝てしまうし、なんかダメなんです。
もう真下に振るぐらいです。
ただしこれは自分の感覚です。

実際の動きはバットを真下に振ってるわけではありません。

・バッティングセンターで打つために、自分のスイングを知る!だが、それが難しい

自分のスイングを知るのはめちゃくちゃ難しいです。
ビデオで撮るとか、いろんな方法を模索しないといけません。
人からの助言をもらうのもいいですが、なかなかもらえる助言をもらう機会がない人が多いでしょう。

なので、自分である程度確かめることが重要です。

「自分のスイングはプロの選手とどう違うんだろう??」

それを考えながら、スイングするだけでもだいぶ変わります。

自分のスイングと、プロのスイングの違い

ここを意識しましょう。

ちなみに!

私は、夜素振りをする時に、自分の影をみたりします。

できれば、スマホのカメラとかがいいんですが…

暗くてできません。

仕事もありますので、難しいです。

・バッティングセンターで打てない人に見られるバッティングの特徴

バッティングセンターで、なかなか打てない人の特徴として、打つ時に左膝が曲がる(右バッターの場合)ことが多いです。
おそらく、
ボールに対しての距離を近くして、バットに当てたいと思ってるから、そうなるんでしょう。
でも、それはよくありません。
力が逃げてしまうので、当たることは当たると思いますが、いい打球は打てません。
やはり、打つなら痛烈ないい打球を打ちたいですよね??
なので、打つ時は左足(左膝)を曲げないようにステップし、右足に負担がかかる意識でバットを振ってみましょう!
これで、バッティングセンターで、ホームランです!!
ホームランぶちかましましょう!!

 - 未分類