毎日野球と巨人を見る

横浜DeNAベイスターズ過去のオープン戦成績一覧!歴代のOP戦順位からわかること!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
スポンサーリンク

 

プロ野球オープン戦特集。

今回は横浜DeNAベイスターズの過去のオープン戦の成績と順位です。

横浜DeNAベイスターズのオープン戦の戦いは一体どのようなものだったのでしょうか?

これまでのオープン戦をまとめました。

 

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ過去のオープン戦成績

過去のオープン戦の成績を一覧にしました。

2018年 8勝5敗2分 4位
2017年 5勝11敗1分 9位(シーズン3位)
2016年 4勝9敗2分 10位(シーズン3位)
2015年 8勝4敗3分 3位(シーズン6位)
2014年 6勝8敗2分 7位(シーズン5位)
2013年 9勝9敗1分 7位(シーズン5位)
2012年 11勝6敗 3位(シーズン6位)
2011年 2勝7敗 12位(シーズン6位)
2010年 4勝9敗2分 12位(シーズン6位)
2009年 6勝9敗4分 9位(シーズン6位)
2008年 6勝9敗1分 11位(シーズン6位)
2007年 7勝12敗2分 9位(シーズン4位)
2006年 8勝6敗5分 4位(シーズン6位)
2005年 9勝4敗4分 2位(シーズン3位)
2004年 6勝12敗2分 11位(シーズン6位)
2003年 8勝10敗1分 8位(シーズン6位)
2002年 9勝5敗2分 2位(シーズン6位)
2001年 7勝7敗1分 8位(シーズン3位)

 

横浜DeNAベイスターズの過去の順位とペナント

オープン戦の成績とペナントレースの相関関係を考えていくと、あまり相関関係は見当たりませんでした。

オープン戦上位の年であっても、ペナントレースでは最下位といった例はあり、反対に2016年、2017年はオープン戦下位ですが、クライマックスシリーズに2年連続で進出しています。

各球団のオープン戦データを見ていますが、オープン戦との相関関係を確認できるデータはなく、やはりシーズンとは別物と考えるのが良さそうです。

ちなみに、優勝を果たした1998年のオープン戦成績は9勝7敗2分の5位でした。

やはり、相関関係は確認することができません。

 

横浜DeNAベイスターズ過去のオープン戦順位〜まとめ〜

オープン戦の順位をもとに、ペナントレースの行方を占うことは今回の結果からも困難です。

しかし、オープン戦は結果ではなく、その中身が大事。

若手選手や移籍してきた選手のコンディションや内容を確認することはかなりの意味があります。

順位にこだわる必要はありませんが、内容は見ていく必要があるので、やはりオープン戦は注目です!

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 激アツ野球人タケの野球密着ブログ , 2018 All Rights Reserved.