野球規則改正概要!敬遠申告制導入と二段モーション容認だけでは留まらないルール改正の今後!

   

スポンサーリンク

 

プロ野球規則改正!!

激アツプロ野球人タケです。

 

さて、2018年野球規則改正が行われました。

その主な内容は

  • 敬遠申告制導入
  • 二段モーション容認

です。

今回はルール改正と今後考えられる展開をまとめました。

 

スポンサーリンク

野球規則改正〜二段モーションの容認〜

まずは二段モーションの復活から。

かつて認められていた二段モーションでしたが、日本野球では認められなくなっていました。

しかし、2018年からは容認することが決定。

アメリカのルールに合わせる形になりました。

 

野球規則改正〜敬遠申告制〜

さてさて、議論が巻き起こってた敬遠申告制。

賛否の声が様々(反対が多かった気もしますが)ですが、導入が決定しました。

これによって、敬遠の4球を投げなくて済むわけですが、それによって、野球は変わるのでしょうか?

ポイントをいくつかにまとめました。

 

試合時間短縮にとっては無意味

メジャーリーグで敬遠申告制が導入されましたが、時間短縮としては無意味でした。

というより、攻撃の時間が伸びたりすることによって、野球の競技時間は大きく変わっていくので、敬遠を申告制にしたぐらいでは試合時間はあまり短縮されません。

それがメジャーリーグでの1年間を通して、証明された形です。

 

日本野球で申告制が適用されるケースは少ない

日本プロ野球では敬遠ではなく、ボール気味の球を投げることによって、四球となる「敬遠気味のフォアボール」が多い。

この場合は敬遠申告制を使わない可能性が高いので、敬遠申告制を導入する場面はかなり限られるはずです。

 

新庄やクロマティのケースはもう見れない

敬遠申告制となると、敬遠球をヒットにするようなケースは当然見れません。

また元DeNAの小杉投手のような敬遠時での暴投といったこともなくなります。

敬遠時に起こるドラマはなくなるというのが敬遠申告制の1番の欠点です。

 

今後考えられる野球規則改正

野球の国際化は考えなければならない問題です。

なんでもかんでもアメリカに追従するのはどうかと思いますが、国際大会がある以上ある程度のルール統一を図らなければならない現実もあります。

そう考えると、今後もなんらかのルール改正が考えられるでしょう。

 

ボーク判定の見直し

日本プロ野球はボークの判定が非常に厳しいです。

なので、そのルールをもう少し緩くしようと考える動きが出てくる可能性が十分にあります。

セットポジションを静止させなければならないというルールを厳格に適用している日本プロ野球ですが、そこは改正されるでしょう。

 

リクエスト制度の確立

2018年シーズンから始まるリクエスト制度。

その制度がどんどん確立していくのが2018年シーズンになりそうです。

ビデオ判定から一段階進化したリクエスト制度。

どのように運用されるのかも、2018年度の注目ポイントです。

 

野球規則改正〜まとめ〜

2018年シーズンから変わるポイントは・・・

  • 敬遠申告制の導入
  • 二段モーションの容認
  • リクエスト制度導入

主にはこの3点です。

この3点の導入が今後のプロ野球にどのような影響をもたらすのでしょうか??

2018年は「野球のルール」についても注目です!!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - 野球知識・ルール・データ