巨人田中貴也の成績と評価!田中貴也1軍出場の可能性は!?

   

スポンサーリンク

 

どうも、激アツプロ野球人です。

 

巨人の今後を担う若手選手達。

今回は田中貴也選手について、取り上げます。

田中貴也捕手と言えば・・・

2017年シーズンは育成から支配下になり、飛躍の一年となりました。

 

しかし、まだ一軍出場はありません。

2018年シーズン以降の1軍出場はあるのか?

現在の田中貴也の現状と2018年シーズン以降への展望をまとめました。

 

スポンサーリンク

田中貴也プロフィール

田中貴也のプロフィールを簡単に紹介します。

  • 1992年8月27日生まれ。
  • 京都府出身
  • 2014年育成ドラフト3位入団。
  • 右投げ左打ち
  • 八重山商工-山梨学院大

2018年にプロ4年目となる選手です。

 

田中貴也の2017年は一言で「飛躍」

田中貴也はキャンプの途中から、1軍に参加する等、評価が上がってきているキャッチャーです。

そんな田中貴也の2017年をまとめました。

 

イースタンリーグ成績

田中貴也の2017年イースタンリーグの成績は・・・

試66 打率.250 0本塁打 11打点 

2軍での成績だけで、打撃力を判断するのは難しいですが、出場試合数は2軍のキャッチャーの中では最多。

存在感を存分に見せつけました。

 

春季キャンプ・オープン戦一軍帯同

田中貴也の2017年は2軍キャンプスタート。

しかし、小林誠司がWBCのため、巨人キャンプを離脱すると代わりに1軍昇格しました。

オープン戦にも6試合の出場を果たし、評価を徐々に高めている様子でしたが、開幕時には2軍に降格。

1軍定着とはなりませんでしたが、大きな経験となりました。

 

秋季キャンプで猛アピール

田中貴也は秋季キャンプにも参加。

その練習試合で、ホームランを放つ等、活躍を見せました。

まだまだ経験は足りないですが、打撃と守備のバランスがいいところをアピールできれば、1軍定着も夢ではないでしょう。

更なるアピールを続けることと、怪我しないことがとても大事になります。

 

2018年はチャンスでもあり、試練の年

2018年はベテランキャッチャーの退団が相次ぎました。

相川亮二と實松一成という2人のベテランキャッチャーが引退し、開幕1軍の可能性が高いのは小林誠司と宇佐見真吾の2人。

残り1枠が空いています。

 

この状況だけを見れば、一見チャンスのように見えます。

しかし、2017年のドラフトでは岸田・大城というキャッチャーを指名。

1軍のキャッチャー枠は3枠が与えられることが多いので、1枠空いていて、チャンスではありますが、ルーキーに追い抜かれてしまってはかなり厳しい立場になります。

1軍キャッチャー枠の残り1人に入ることができるのかが注目です。

 

で、田中貴也来季開幕一軍の可能性は?

2018年の捕手陣容を見ると、小林・宇佐見・岸田・大城・河野・田中となっていて、その中で3人が開幕1軍となる可能性が濃厚。

ルーキーキャッチャーがいきなり開幕1軍になるのは簡単ではないので、田中貴也が開幕1軍になる可能性はかなりあるでしょう。

しかし、問題はそこで出場機会を掴めるかどうか?

守備面では小林が優位で、攻撃面は宇佐見優位。

その中間ぐらいに位置する田中貴也はどの分野で存在感をアピールするのかが鍵となるでしょう。

 

巨人キャッチャー田中貴也~まとめ~

巨人の新しい戦力となってほしい田中貴也。

若手的な見られ方をしますが、来年は26歳になります。

もう若手とは言えない年齢。

まずは一軍定着を果たし、1軍の試合にどんどん出れる選手になってもらいたいです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - 巨人の若手