正力松太郎賞とは?賞の概要と歴代受賞者一覧。サファテ外国人選手初の受賞!

   

スポンサーリンク

 

毎年、秋に発表される正力松太郎賞。

プロ野球界に最も貢献した人物に贈られる栄誉ある賞です。

しかし、正力松太郎賞を知らないという方も数多くいます。

そこで、今回は正力松太郎賞についてまとめました。

 

スポンサーリンク

正力松太郎賞とは?

正力松太郎賞について、ここでは説明していきます。

 

正力松太郎賞の概要

正力松太郎賞はプロ野球の発展に大きく貢献した人物を表彰する賞です。

選手だけでなく、監督やコーチなどにも贈ることができる賞で、毎年日本一になった球団の監督が受賞することが慣例になっています。

 

正力松太郎とは?

正力松太郎氏は日本初のプロ野球団である第日本東京野球倶楽部を創設し、日本プロ野球の父と呼ばれる。

その功績から、正力松太郎賞が1977年設立されました。

 

歴代の正力松太郎賞受賞者

1977年 王貞治
1978年 広岡達朗
1979年 西本幸雄
1980年 古葉竹識
1981年 藤田元司
1982年 広岡達朗
1983年 田淵幸一
1984年 衣笠祥雄
1985年 吉田義男
1986年 森祇晶
1987年 工藤公康
1988年 門田博光
1989年 藤田元司
1990年 森祇晶
1991年 秋山幸二
1992年 石井丈裕
1993年 野村克也
1994年 長嶋茂雄、イチロー
1995年 イチロー
1996年 仰木彬
1997年 古田敦也
1998年 佐々木主浩
1999年 王貞治
2000年 松井秀喜
2001年 若松勉
2002年 原辰徳、王貞治
2003年 星野仙一
2004年 伊藤勤
2005年 ボビーバレンタイン
2006年 王貞治
2007年 落合博満
2008年 渡辺久信
2009年 原辰徳
2010年 西村徳文
2011年 秋山幸二
2012年 原辰徳、阿部慎之助
2013年 星野仙一
2014年 秋山幸二
2015年 工藤公康
2016年 栗山英樹
2017年 デニス・サファテ

 

サファテ史上初の外国人選手による受賞について

2017年はソフトバンクのサファテ投手に正力松太郎賞が贈られました。

外国人選手では史上初となる受賞になりましたが、この決断は素晴らしいの一言です!

ほとんどの年で、日本シリーズ優勝監督が受賞している賞。そして、外国人選手の受賞が過去にない中で、サファテを正力松太郎賞に選んだのは勇気ある決断です。

サファテは今シーズン54セーブというとてつもない数字をマーク。過去に最多セーブ記録46を一気に8つも更新しました。

正力松太郎賞に選ばれるほどの成績を残していて、賞の受賞は文句なしです。

 

選手の正力松太郎賞は2012年阿部慎之助以来

選手が正力松太郎賞を受賞するのは2012年の阿部慎之助以来5年ぶり。

5年前の阿部は首位打者・打点王の2冠に輝き、キャッチャーとして138試合に出場しました。

キャッチャーとしてチームを導き、2冠獲得。日本一。

サファテはその時の阿部以来の受賞となりました。

 

正力松太郎賞まとめ

プロ野球界の最も栄誉であるとされる正力松太郎賞。

今年のサファテの受賞により、歴史に新たな1ページが加わりました。

今後どのような人達が受賞するのでしょうか?

正力松太郎賞。注目して見てください。

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - オフシーズン情報