毎日野球と巨人を見る

プロ野球セパ交流戦歴代優勝チームと最下位チーム一覧!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
スポンサーリンク

 

2005年から始まったプロ野球交流戦。

交流戦が始まってからだいぶ時が経ちましたが、今回は過去の優勝チームを振り返っていきます。

 

スポンサーリンク

プロ野球セパ交流戦過去の優勝&最高勝率チーム

交流戦過去の優勝チームは以下の通りです。

2005年 ロッテ 24勝11敗1分
2006年 ロッテ 23勝13敗
2007年 日本ハム 18勝5敗1分
2008年 ソフトバンク 15勝9敗
2009年 ソフトバンク 18勝5敗1分
2010年 オリックス 16勝8敗
2011年 ソフトバンク 18勝4敗2分
2012年 巨人   17勝7敗
2013年 ソフトバンク 15勝8敗
2014年 巨人  16勝8敗
2015年 ソフトバンク 12勝6敗
2016年 ソフトバンク 13勝4敗1分
2017年 ソフトバンク 12勝6敗

これでソフトバンクは3年連続1位。

過去の交流戦を見ても圧倒的な強さです。

 

プロ野球セ・パ交流戦過去の最下位チーム一覧

過去の最下位チームをまとめました。

2005年 楽天 11勝25敗
2006年 オリックス 12勝24敗
2007年 広島  5勝18敗1分
2008年 横浜  6勝18敗
2009年 横浜  6勝18敗
2010年 横浜  6勝18敗
2011年 広島  6勝16敗2分
2012年 ヤクルト 9勝15敗
2013年 DeNA  7勝17敗
2014年 広島  9勝15敗
2015年 DeNA 3勝14敗1分
2016年 オリックス 5勝13敗
2017年 ヤクルト  5勝12敗1分

 

セ・パ交流戦優勝・最下位チーム分析

過去の優勝チームはパ・リーグチームに偏っていて、セ・リーグの優勝2012年と2014年の2回のみとなっています。

基本的な優勝ラインは勝率.666前後で、2勝1敗ペースで勝っていくと、交流戦での優勝がほぼ確実です。

交流戦で最多の優勝を誇っているのはソフトバンクで、圧倒的な数字に。その次に多く優勝しているのがロッテと巨人です。

一方、交流戦最下位球団はセ・リーグ球団が多く、やはりパ・リーグ優位の結果になりました。

交流戦最下位が一番多いのはDeNAで、次に多いのは広島。パ・リーグで最も多く最下位になっているのはオリックスというこれまでです。

 

まとめ

交流戦というと、どうしてもパリーグが強いイメージがあります。

パ・リーグがセ・リーグに対して、100以上の貯金を作っていますが、それが覆る時代は来るのでしょうか?

今後の交流戦はセ・リーグチームの巻き返しにも注目です!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 激アツ野球人タケの野球密着ブログ , 2018 All Rights Reserved.