毎日野球と巨人を見る

岡本和真2018年の覚醒を左右する3つのポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
スポンサーリンク

 

2018年開幕シリーズから大活躍の岡本和真。

その活躍によって、遂に「岡本和真覚醒か!?」と言われるようになった。

入団4年目にして、最も期待のかかるシーズンになっているが、岡本和真の覚醒を左右するポイントは何なのだろうか?

2018年シーズンの岡本が完全に覚醒するために、重要な点をまとめてみた。

 

スポンサーリンク

岡本和真覚醒のポイント:左肩の開き

岡本和真は右足に重心を乗せるスイングに取り組んでいる。

それに伴って、左肩の開きが去年に比べてなくなっているので、非常に期待ができるスイングになっている。

しかし、去年までの弱点が完全に克服されたかはもう少し継続してみていかなければならない。

春季キャンプから徐々に改善されているが、悪いスイングといいスイングの両方が現れることも、2月中旬〜下旬あたりはあった。

3月のオープン戦に入ってからはいい形が続いるが、これから先どうなるかわからない。

下半身をうまく使い、左肩の開きが開幕時の状態のまま1年間過ごすことができれば、間違いなく、1軍のレギュラーとして、定着できるので、期待したい。

2月・3月とどんどん良くなっている!維持してほしい!  。

激アツ野球人タケ

 

岡本和真覚醒のポイント:怪我

怪我だけは何としての避けてもらいたい。

せっかく掴みかけたレギュラーの座を失ってしまうのは怪我が原因だったという選手はこれまでも多数いた。

怪我による戦線離脱は覚醒を妨げる大きな要素なので、今シーズンは1年間怪我なく戦い抜いてもらいたい。

怪我なく戦うことは覚醒の絶対条件だ。

怪我は一番もったいない。これまで、怪我でレギュラーを逃した選手がかなりいた。

激アツ野球人タケ

 

岡本和真覚醒のポイント:守備

守備でのミスが多くなってくると、守備にも影響を及ぼしてしまうことがある。

ミスはメンタル面にも影響するので、守備で一定程度守れるということが必要になってくるが、岡本は守備に課題を抱えている。

ファーストで出場している間はいいが、岡本の場合、サードやレフトに回る場面もチーム状況によっては、今後出てくるかもしれない。

そうなった時に、守備をしっかりできるかが重要だ。

他のポジションに回っても、しっかりと最低限の守備をすることが打撃の好調にも繋がる。

守備も打撃に影響を及ぼす。しっかりとした守備は大事。

激アツ野球人タケ

 

岡本和真覚醒〜まとめ〜

開幕カードから、ホームランを放ち、いいスタートを切った岡本和真。

その勢いを生かして、シーズン通した活躍を期待したい。

2018年が岡本和真覚醒の年となってくれることを切に願う。

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 激アツ野球人タケの野球密着ブログ , 2018 All Rights Reserved.