巨人2017年ドラフトは成功だったのか?全指名を振り返り!

      2017/10/26

スポンサーリンク

 

今年もやってきましたプロ野球ドラフトの季節!

毎年毎年、新しい戦力となる選手が各球団に入っていくドラフトは野球ファンなら誰しもが注目する一大イベント。

そんなドラフトを今回は振り返り!!

2017年ドラフトを2016年ドラフト組の1年とともに振り返ります。

 

スポンサーリンク

巨人ドラフト2017指名選手

ドラフト1位 鍬原拓也

中央大学。

右投げ右打ち。

右の本格派で、大学候補では抜群の実力を持つピッチャーです。

ストレートは速く、変化球もありますが、若干荒れ気味になる傾向があるような感じは受ける投手です。

 

ドラフト2位 岸田行倫

捕手/大阪ガス
右投げ右打ち

 

ドラフト3位 大城卓三

捕手/NTT西日本
右投げ左打ち

 

ドラフト4位 北村拓巳

亜細亜大学/内野手
右投げ右打ち

ショート・サードを守り、主にサードで出場していた。

 

ドラフト5位 田中俊太

内野手/日立製作所
右投げ左打ち

広島カープの田中広輔の弟として、注目を集めています。

主なポジションはセカンド。

 

ドラフト6位 若林晃弘

内野手/JX‐ENEOS
右投げ両打ち

セカンドを主に守る。

 

ドラフト7位 村上海斗

外野手/奈良学園大
右投げ右打ち

 

ドラフト8位 湯浅大

内野手/高崎健康福祉大高崎
右投げ右打ち

ショートを守っており、走塁力が期待される。

 

巨人2017年育成ドラフト指名選手一覧

育成ドラフト1位 比嘉賢伸

内野手/盛岡大学附属
右投げ左打ち

高校通算37発のショート。甲子園でもホームランを放っている。

 

育成ドラフト2位 山上信吾

投手/常盤高校
右投げ右打ち

 

育成ドラフト3位 笠井駿

外野手/東北福祉大
右投げ両打ち

 

育成ドラフト4位 田中優大

投手/羽黒高校
右投げ右打ち

 

育成ドラフト5位 広畑塁

捕手/立正大学
右投げ左打ち

 

育成ドラフト6位 小山翔平

捕手/関西大学

 

育成ドラフト7位 折下光輝

投手/新野高
右投げ右打ち

 

育成ドラフト8位 荒井颯太

外野手/関根学園
右投げ右打ち

入団テストにて合格。

 

巨人2016年ドラフト指名選手の1年

ドラフト時には田中正義と佐々木千隼のくじを外し、あまりいい印象がなかった巨人。

1年経った今、2016年ドラフト組はどうなっているのでしょうか?

まずは2016年ドラフト組の1年を振り返ります。

 

吉川尚輝

吉川尚輝は新人合同自主トレから、コンディション不良で出遅れ、キャンプも3軍スタートとなりました。

オープン戦での出場機会もなく、怪我から復帰後はイースタンリーグでの試合で、実戦経験を積み、初めて1軍に上がったのは5月9日。

しかし、その時は結果を残すことができずに、2軍に落ちてしまいした。

 

そして、シーズン最終盤に1軍に再昇格すると、最終戦では大活躍。

猛打賞に初盗塁を記録し、来年に期待を抱かせる内容となりました。

【1軍成績】

試5 打率.273 0本塁打 0打点 1盗塁

 

畠世周

吉川尚輝と同様、キャンプ3軍スタートとなった畠。

遊離軟骨除去手術からの復帰を目指し、リハビリの毎日を送っていました。

1軍初登板となったのが7月6日の広島戦。そこから、先発ローテーションに入り、7月19日にはプロ初勝利。

8月下旬の投球は抜群の内容で、巨人の後半戦を支えました。

 

課題としてはスタミナ面が挙げられ、まだ体も細く、このオフ次第ではかなり伸びるでしょう。

2016年ドラフトでセ・リーグに入団したピッチャーの中では、DeNAの濱口に次いでよかったと言えます。

【1軍成績】

試13 6勝4敗 防御率2.99

 

谷岡竜平

オープン戦で好投し、開幕1軍入りを果たした谷岡。

しかし、4月に2軍に落ちると、その後はなかなかチャンスを掴めず。

1年間1軍にいるのが難しいと痛感したシーズンになったと思います。

【1軍成績】

試5 0勝1敗 防御率12.00

 

池田駿

開幕1軍に入り、大車輪の働きをみせていた池田。

しかし、かなり登板数が重なり、6月に登録抹消。

再び1軍に上がってきたのは9月のことでした。

1年目から、33試合に登板し、それなりの結果を出した池田。

来シーズンは更なる飛躍に期待です!

【1軍成績】

試33 0勝2敗4H 防御率3.35

 

高田萌生

期待の高校生ルーキーとして入団した高田。

1年目は主に3軍での登板となりました。

高卒1年目としてはまずまずの内容。

来年以降、1軍のマウンドに上がれるか期待です。

 

高田萌生の詳細は↓↓

巨人高田萌生の2017年成績と評価!ドラフト5位の逸材の現在

 

大江竜聖

ドラフト6位入団の大江。

高田と同じく高校生ルーキーでしたが、2軍で成績を残しました。

期待以上の成績を2軍で残した大江。

来シーズンはスタミナを更に強化して、1軍で登板できるかが注目です!

 

大江竜聖の詳細は↓↓

巨人大江竜聖の2017年!現在の評価と圧倒的な2軍成績に迫る

 

リャオ・レンレイ

ドラフト7位で入団し、巨漢として注目を浴びたリャオ。

しかし、今シーズンは結果を残すことができませんでした。

リャオは来シーズン結果を残すことができるのか?

来シーズンはリャオの真価が問われます。

 

リャオ・レンレイの詳細↓↓

巨人廖任磊(リャオレンレイ)1軍昇格への道!現在の成績と評価に迫る

 

巨人2016年ドラフト組の評価

2016年ドラフトから1年が経ちました。

今の段階で言えるのは、1年前のドラフトはいいということ。

ドラフト1位の吉川が1軍で、活躍することができなかったのが残念ですが、ドラフト2位の畠が一定の結果を出したこと。

そして、ドラフト5位・6位の高田・大江がいい内容で、1年間過ごせたことがプラス要素です。

1年前に注目されていた田中・佐々木・柳よりも、畠が結果を出し、ドラフト下位指名の選手も頑張っていることから、2016年ドラフトは1年経った今現在、「よかった」と評価していいでしょう。

 

大事なのはこれから

とは言っても、これから先伸び悩む可能性も十分にあります。

全てが順調に行くわけではありません。

ドラフトの本当の結果がわかるのはドラフトから3年経った時。

2年後に今挙げた選手がどのようなっているのかをしっかり見守っていきたいと思います。

 

巨人2017年ドラフトまとめ

捕手の指名はそこそこ多いだろうなという予想はしていましたが、上位指名で2人続いたのは予想外でした。

全体的に野手指名が多いドラフトで、1位以外は野手でした。

捕手指名が多かったので、捕手からのコンバートがあり得そう。

上手くコンバートをしていくことが重要になりそうです。

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - 巨人の若手