毎日野球と巨人を見る

プロ野球セ・パ交流戦過去の本塁打王と歴代ホームランランキング!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
スポンサーリンク

 

2005年から始まったセ・パ交流戦。

交流戦も始まってから、だいぶ時が経ち、歴史が刻まれてきました。様々なルール変更を経て、現在に至っているわけですが・・・

今回はそんな交流戦のホームランについて。

交流戦で過去に1番ホームランを打ったのは誰なのか?過去の交流戦の年度別ホームラン王は一体誰なのか!?

交流戦のホームランについて、今回はまとめました。

 

スポンサーリンク

歴代交流戦のホームラン王一覧

交流戦歴代のホームラン王を一覧は以下の通りです。

2005年 李承燁、多村仁、小久保裕紀、中村剛也・・・12本塁打
2006年 李承燁・・・16本塁打
2007年 タフィ・ローズ・・・11本塁打
2008年 タイロン・ウッズ・・・8本塁打
2009年 トニ・ブランコ・・・9本塁打
2010年 山﨑武司・・・11本塁打
2011年 中村剛也・・・7本塁打
2012年 中村剛也・・・12本塁打
2013年 井口資仁・・・10本塁打
2014年 エルドレッド、中村剛也・・・8本塁打
2015年 畠山和洋・・・9本塁打
2016年 山田哲人・・・8本塁打
2017年 ゲレーロ・・・9本塁打

交流戦のホームラン王は2017年終了時点で、中村剛也の3回が最多記録です。

そして、交流戦最多ホームランは李承燁の16本ですが、これは36試合制の時のものなので、今の18試合制の交流戦でその記録を抜くのは困難なので、この記録は破られないと思われます。

 

歴代交流戦通算ホームラン数ランキング

過去の交流戦通算で最もホームランを打ったのは誰なのか?

ホームランを最も打った選手をランキング形式にして、まとめました。

1位:中村剛也・・・71本塁打
2位:阿部慎之助・・・55本塁打
3位:村田修一・・・55本塁打
4位:ラミレス・・・47本塁打
5位:和田一浩・・・43本塁打

となっています。

交流戦で最もホームランを放っているのは西武の中村剛也。交流戦のホームラン王も最多の3回でしたが、通算ホームラン数もトップです。

この記録も今後、中村自身が更新していくと思いますが、他の選手は交流戦の日程が短縮されていることから、更新が難しいと考えられます。

 

歴代交流戦ホームランランキング〜まとめ〜

交流戦歴代ホームランは中村剛也が圧倒しています。

今後交流戦の新たなホームランキングにはどのようなバッターが名を連ねるのでしょうか!?

交流戦で爆発するバッターに注目です!!

スポンサーリンク
巨人戦をネットで見るなら↓↓

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加
この記事を書いている人 - WRITER -
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 激アツ野球人タケの野球密着ブログ , 2018 All Rights Reserved.