巨人中川皓太の現在を成績とともに徹底分析!球種・球速・投球スタイルに見る期待度

   

スポンサーリンク

 

どうも、激アツプロ野球人です。

 

今回は巨人期待の若手シリーズ。(その他の巨人若手記事はコチラ

これまで何人かの若手を取り上げてきましたが、今日は期待の若手サウスポー中川皓太を取り上げます。

2017年シーズンは2016年シーズンよりも活躍の場を増やし、1軍帯同期間も増えてました。

そんな中川の現状とこれからを見ていきます。

 

スポンサーリンク

中川皓太の入団から2017年終了までの成績と歩み

中川皓太を入団以来から振り返っていきます!

 

2016年

2015年ドラフト7位で入団した中川皓太。

入団一年目の成績は2試合に登板し、防御率は13.50。

1年目から1軍で成績を残すことはできませんでしたが、ドラフト7位入団から1軍登板を果たすことができました。

 

2017年

2017年は18試合に登板し、防御率4.32でした。

入団1年目に比べて、登板数が増え、評価を着々と上げています。

シーズン最終戦には先発登板。

2018年シーズン以降の先発ローテーション入りが期待されています。

 

中川皓太の球速と球種

中川の球速と球種について、まとめました。

 

中川皓太のストレート

中川皓太は力強いストレートが持ち味のピッチャーです。

入団以降球速をどんどん上げてきており、140キロ台後半をマーク。

1軍のバッタを振り遅らせるほどのストレートを持っています。

1軍での投球内容を見ると、ストレートが全投球の中で、60%を占めていて、ストレートに自信を持っていることが伺えます。

ストレートは十分一軍で通用するレベルになってきているので、今後は変化球の精度向上に期待です!

 

球種

主な球種はストレート・スライダー・カーブ・シュートです。

最も多く投げる変化球はスライダーで、その次にカーブを投げていきます。

シーズン中は若干コントロールに苦慮している場面も見られましたが、ストレートの力強さはあるので、変化球の精度が向上すれば、大きく飛躍すること間違いなし!

変化球で安定してストライクを取れるようになっていけば、1軍の主軸ピッチャーへと変貌していくでしょう。

どのようにストライクを取っていくのかが今後の課題です。

 

巨人中川皓太への期待度

2017年シーズンの最終戦に中川は登板を果たしました。

その登板で圧倒的な投球内容を見せることはできませんでしたが、ストレートで打者を押していけることは証明されました。

打者を押し切れるストレートは今後の期待を大きく膨らませます。

来シーズンは先発ローテーション候補としても、名前が挙げられていて、1軍に1年間定着できるかがポイントなりそうです。

 

巨人中川皓太~まとめ~

中川皓太はドラフト7位入団ながら、1軍の戦力になりつあるピッチャーです。

今後、先発ローテーション入りや重要な局面を任される先発ピッチャーに変貌し行くことが可能な投手なので、更なる成長に期待したいと思います!

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - 巨人の若手