プロ野球ゴールデングラブ賞完全予想とその結果!【2017年版】

      2017/11/09

スポンサーリンク

 

こんばんは。激アツプロ野球人です。

プロ野球シーズンが終わると、発表されるのが各種表彰。

今年はどのような選手が表彰されるのかが毎年注目されます。

中でも、1番の注目はゴールデングラブ賞!!

今年はどの選手がゴールデングラブ賞に輝くのでしょうか??

今回ゴールデングラブ賞を予想してみました!

※ 結果は発表され次第更新します。

 

スポンサーリンク

ゴールデングラブ賞受賞の条件

ゴールデングラブ賞受賞の条件は以下の通りです。

  1. 投手は規定投球回以上投球しているか、チームの試合数の3分の1以上登板していること
  2. 捕手はチーム試合数の2分の1以上試合に出場していること。
  3. 内野手はチーム試合数の2分の1以上1ポジションの守備に就いていること
  4. 外野手はチームの試合数の2分の1以上外野手として出場していること

こちらがゴールデングラブ賞受賞の条件です。

この条件を満たした選手の中から、ゴールデングラブ賞を予想していくことになります。

 

2017年ゴールデングラブ賞有資格者は↓↓

ゴールデングラブ賞2017有資格者リスト

 

セ・リーグゴールデングラブ賞予想

投手:菅野智之
捕手:小林誠司
一塁:ロペス
二塁:菊池涼介
三塁:宮崎敏郎→鳥谷敬
遊撃:坂本勇人
外野:丸佳浩、桑原将志、鈴木誠也

 ※ 宮崎だけ予想外し。

予想で迷った点

ゴールデングラブ賞の選考で1番迷ったのは外野手。

上記の3人に加えて、去年ゴールデングラブ賞を獲得した大島洋平がいるので、予想はとても難しかったです。

最終的には出場試合数とUZR指標を重要視し、優位な差がない場合は失策数などを総合的に判断して決定しました。

巨人の陽も出場試合数が増えれば、賞を獲得できる守備指標ですが、他の選手と比べて出場試合数が少ないため、予想から外しました。

 

パ・リーグゴールデングラブ賞予想

投手:菊池雄星
捕手:田村龍弘→甲斐拓也
一塁:銀次
二塁:浅村栄斗→鈴木大地
三塁:松田宣浩
遊撃:源田壮亮→今宮健太
外野:秋山翔吾、中村晃、上林誠知→結果柳田悠岐、西川遥輝

 

予想で迷った点

パ・リーグはセ・リーグ以上に予想が難しかったです。

 

まずはキャッチャー。

候補としては田村・嶋・甲斐などがいますが、出場試合数と守備指標から田村を推します。

 

次にファースト。

ファーストは印象的には中田翔ですが、守備指標を見ると銀次が上。

ファーストにおける出場試合数だけ中田翔が上回っていますが、銀次もファーストで112試合に出場していて、ファースト以外のポジションでの出場も含めると143試合全てに出場しています。

ファーストは銀次を推します。

 

そして、ショート。

ショートは派手なプレーや肩の強さから今宮が選出されていますが、UZR数値は毎年低めです。そこで、今年は源田をゴールデングラブ賞に推します。

源田のエラー数は21とショートの中でもワーストですが、UZRの数値と補殺の数では他を圧倒。

二遊間の補殺数は広島の菊池が補殺数の記録を作っているように、守備範囲に直結する数値で、非常に重要。

UZRと補殺数の優位性から、源田をゴールデングラブ賞としました。

 

そして、かなり難しかったのが外野。

秋山はすんなり決まったものの、他の2人がなかなか決まらず、難しい予想となりました。

結果的に中村晃と上林を選出しましたが、UZR指標と出場試合数の関係を見たという感じです。パ・リーグのゴールデングラブ賞外野部門はかなり選考が難航すると思われます。

 

ゴールデングラブ賞予想をする上で重視したこと

出場試合数

条件を満たしていれば、出場試合数は関係なく、守備が上手い人から選ぶべきだという意見もありますが、私は出場試合数を大事にします。

理由は年俸査定や各種表彰は出場試合数が最も大きな基準となるからです。

シーズン80試合に出るのと143試合に出るのとでは疲労感も全く違います。

試合に出ることを大きく評価したいです!

 

UZR指標

UZRの数値は近年守備を見る時の指標として、重要視されるようになり、ゴールデングラブ賞選出を予想する上で、見逃してはいけない指標になりました。

この指標と出場試合数を見るだけで、だいたいは予想できます。

時間があれば「UZR」で検索して見てください!「UZR ショート」等と調べると何個かサイトがヒットするはずです。

UZRの見方としたは数値が大きければ大きいほどいいです。

まとめブログですが、参考になるので紹介します。

2017年UZRで見るゴールデングラブ

 

補殺数(二遊間のみ)

二遊間に関して言うと、補殺数は大きな意味を持ちます。

菊池が補殺日本記録を持っているように、守備範囲が広い二遊間の選手は補殺数が多くなります。

二遊間のゴールデングラブ賞を予想する際は、補殺数を見るのもいいでしょう。

ただし・・・

その他のポジションで補殺数を見るのはいいとは思えません。

特に外野手の補殺数は守備力とは全く関係がないことがあるので、注意しましょう!

 

2017年ゴールデングラブ賞~まとめ~

ゴールデングラブ賞発表は11月9日15時です。

記者投票によって、選ばれるゴールデングラブ賞。

どの選手が今年は選ばれるのでしょうか??

 

そして・・・

私の予想は当たるのでしょうか!!??

注目です!!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - 野球知識・ルール・データ