巨人ファンが注目しなければならない4人の若手有望株【2018年度版】

   

スポンサーリンク

 

どうも激アツプロ野球人です。

プロ野球シーズンも終わり、来シーズンに向けて動き出しています。

今回は来シーズン期待すべき3人の若手を動画や独断から選出しました。

 

スポンサーリンク

注目の巨人若手有望株

動画や独断で選んだ若手有望株を紹介します。

 

大城卓三

2017年ドラフト3位で入団した大城卓三。

大城の持ち味は何と言っても打撃力!

多少弱点もありますが、現オリックスの山岡から、センターにホームラン性の打球も打っています。

左打者で、打線の中軸に据わってもらいたいところです。

 

キャッチャーの守備はネット等の情報ではセカンドスロー1.8秒台等の情報があったものの、実際の試合を見てみると2秒を切ることが少なく、2~2.1秒。

ピッチャーの球が悪いという要素もありましたが、セカンドスローは遅いと言わざるを得ません。(素材が少なく、もう少し検証の余地はあります)

この数値だと宇佐見の方がセカンドスローはよく、大城のキャッチャーとしての出番は守備の急成長がない限り、なかなかないと考えられそうです。

打撃力をコンバートを含め、生かしていきたいところです。

 

畠世周

2017年シーズン後半戦に先発ローテーションの座を掴んだ畠。

投げるボールはどれも素晴らしく、本当にいいピッチャーです。

スタミナ面に課題を抱えていますが、潜在能力は抜群!

怪我することなく、トレーニングが積んでいくことさえできれば、巨人のローテーションだけでなく、日本代表も狙える逸材だと確信しています。

 

大江竜聖

2018年は高卒2年目となるシーズンになる大江竜聖。

ルーキーイヤーとなる2017年は2軍戦でも活躍し、大きなインパクトを残しました。

2軍での成績は12試合に登板し、防御率2.30。来年求められるのは1軍登板です。

来年大江がスタミナつけて、1軍での登板を積み重ねていけば、巨人の投手陣は明るい!

大江が一軍の舞台で見れることを期待します!!

 

中川皓太

2017年最終戦で先発登板を果たした中川。

2年目で下半身は一気にたくましくなり、直球の威力はだいぶ増しました。

1年目のオフに菅野投手との自主トレを行ったのがよかったのか、この1年でだいぶ伸びた印象です。

今後は変化球でどのようにカウントを取ったり三振を取ったりするかが問われます。

2017年のオフも同じ菅野投手との自主トレを行うようで、これからの伸び幅に注目せずにはいられません!

 

巨人注目の若手有望株~まとめ~

最近若手が育っていないと言われる巨人ですが、期待されている若手はたくさんいます。

2018年シーズンにレギュラーを掴む若手は出てくるのでしょうか?

巨人が世代交代を果たし、優勝することを切に願っています

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - 巨人の若手