巨人2018年春季キャンプにおける怪我人一覧とその動向!

   

スポンサーリンク

 

巨人宮崎春季キャンプが始まりましたが、全員がいいスタートを切ったわけではありません。

中には、怪我をしてキャンプ1軍スタートを切れなかった選手もいます。

キャンプ中に怪我をして、離脱してしまった選手もいます。

そこで、今回は2018年巨人春季キャンプの怪我人とその動向をまとめました。

怪我からの復活、巻き返しに期待です。

 

スポンサーリンク

巨人宮崎春季キャンプでの怪我人とその動向

キャンプイン時点で、怪我している選手やキャンプ中に怪我をしてしまった選手の現状をまとめました。

 

鍬原拓也

ドラフト1位で入団した鍬原ですが、新人合同自主トレの際にコンディジョン不良を訴え、キャンプでは3軍スタートとなりました。

キャンプに入ると、2日目でブルペンに入り、立ち投げを披露。

ノースロー調整ではなかったので、それほど重いコンディション不良にはなってはいない模様。

実戦で投げれるようになる段階に、いつなるのかが今後の鍵となってきます。

 

宇佐見真吾

去年秋のキャンプで骨折した影響で、春季キャンプは3軍スタートとなりました。

怪我の調子さえよくなれば、上にがってくるでしょう。

 

橋本到

キャンプ1軍スタートが決定していた橋本到。

しかし、キャンプ直前に下半身のコンディション不良を訴え、帰京することに。

そのコンディション不良によって、橋本到はキャンプ3軍スタートとなりました。

 

長野久義

キャンプ途中で、上半身のコンディション不良となる、一部練習を回避しました。

しかし、大事には至らず、一軍には帯同を続けています。

 

寺内崇幸

下半身の張りを訴えて、沖縄キャンプからは3軍に帯同することとなりました。

肉離れにはなっていない模様ですが、どれぐらい完治までに掛かるのかは不明です。

 

畠世周

畠は急性腰痛のため、3軍キャンプに帯同することになりました。

ぎっくり腰なので、しばらくは投球を控えるものと思われます。

 

巨人怪我人の動向と現状〜まとめ〜

怪我人が何人か出ていますが、勝負はオープン戦・開幕後です。

まずはオープン戦でしっかりアピールできるように!

オープン戦の出場機会が保証されていない選手は紅白戦で、アピールできるようにしなければなりません!

勝負はこれから。

怪我人もまだチャンスはあるので、開幕までにアピールできるように、コンディションを整えてもらいましょう!!

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し
LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - キャンプ