クライマックスシリーズの全て!ルールと過去の試合結果一覧!

      2017/10/25

スポンサーリンク

 

今年もプロ野球クライマックスシリーズの時期がやってきました。

すっかりプロ野球のポストシーズンの一部として定着したクライマックスシリーズ。

そんなクライマックスシリーズの知識を深めておきたいところですよね??

というわけで、今回は・・・

  • クライマックスシリーズのルール
  • 過去の試合結果
  • 試合結果をもとにした分析

をまとめました。

 

スポンサーリンク

プロ野球クライマックスシリーズのルール

開催概要

各リーグともに、3位までのチームがクライマックスシリーズに出場できます。

そして、2位・3位のチームはファーストステージへ。

ファーストステージを勝ち上がったチームと1位チームファイナルステージを戦います。

 

各リーグのファイナルステージを勝ち上がったチーム同士が日本シリーズへ進むことができ、日本シリーズでその年の日本一を決定します。

開催球場は各ステージの上位球団の球場で行われ、各試合とも延長は12回までです。

 

 

各ステージ勝ち抜け条件

各ステージの勝ち抜け条件は

  • ファーストステージ(3試合制)⇒2勝先取
  • ファイナルステージ(6試合制)⇒4勝先取

となっています。

ファイナルステージは1位チームに1勝のアドバンテージが与えられ、1勝先取した状態からのスタートになります。

なので、ファーストステージを勝ち上がったチームは4勝2敗以上の成績を収めないと勝ち上がることができません。

 

またクライマックスシリーズには引き分けがあります。

仮に引き分けがあり、対戦成績が1勝1敗1分などと並んだ場合は上位チームが次のステージに進出となります。

 

雨天中止の場合

クライマックスシリーズファーストステージとファイナルステージの間は1日しかありません。

なので、ファーストステージが雨天中止になってしまった場合、3試合できない場合が発生します。

その場合は実際に行われた試合の成績で決着。

仮に天候の影響で、1試合しか行われなかった場合はその1試合の成績で、次のステージへの進出チームが決まります。

 

またファイナルステージに関しても、日本シリーズの3日前までに消化しなければならないというルールがあります。

中止が重なって全試合が消化できなかった場合は、開催された試合の成績で、上位進出チームが決定します。

全試合中止になった場合は上位チームが次のステージに進出します。

 

予告先発

シーズン中は予告先発制度が導入サポートていますが、クライマックスシリーズの場合は少し違います。

クライマックスシリーズでの予告先発は・・・

  • セ・リーグ:なし
  • パ・リーグ:あり

となっています。リーグによって、制度が違うので、要注意です。

 

クライマックスシリーズ過去の結果

2007年はファイナルステージが5試合制。

2008年以降は現行制度で行われています。

過去のクライマックスシリーズの成績を振り返ります。

2007年セ・リーグ

<第1ステージ>

中日7‐0阪神
中日5‐3阪神

中日2勝 阪神0勝

<第2ステージ>

巨人2‐5中日
巨人4‐7中日
巨人2‐4中日

巨人0勝 中日3勝

 

2007年パ・リーグ

<第1ステージ>

ロッテ8‐4ソフトバンク
ロッテ3‐8ソフトバンク
ロッテ4‐0ソフトバンク

ロッテ2勝 ソフトバンク1勝

<第2ステージ>

日本ハム5‐2ロッテ
日本ハム1‐8ロッテ
日本ハム7‐0ロッテ
日本ハム1‐5ロッテ
日本ハム6‐2ロッテ

日本ハム3勝 ロッテ2勝

 

2008年セ・リーグ

<ファーストステージ>

阪神0‐2中日
阪神7‐3中日
阪神0‐2中日

阪神1勝 中日2勝

<ファイナルステージ>

巨人3‐4中日
巨人11‐2中日
巨人5‐5中日
巨人6‐2中日

巨人3勝(アドバンテージ1勝) 中日1勝 1分

 

2008年パ・リーグ

<ファーストステージ>

オリックス1‐4日本ハム
オリックス2‐7日本ハム

オリックス0勝 日本ハム2勝

<ファイナルステージ>

西武10‐3日本ハム
西武0‐5日本ハム
西武4‐7日本ハム
西武9‐4日本ハム
西武9‐0日本ハム

西武4勝(アドバンテージ1勝) 日本ハム2勝

 

2009年セ・リーグ

<ファーストステージ>

中日2‐3ヤクルト
中日3‐2ヤクルト
中日7‐4ヤクルト

中日2勝 ヤクルト1勝

<ファイナルステージ>

巨人2‐7中日
巨人6‐4中日
巨人5‐4中日
巨人8‐2中日

巨人4勝(アドバンテージ1勝) 中日1勝

 

2009年パ・リーグ

<ファーストステージ>

楽天11‐4ソフトバンク
楽天4‐1ソフトバンク

楽天2勝 ソフトバンク1勝

<ファイナルステージ>

日本ハム9‐8楽天
日本ハム3‐1楽天
日本ハム2‐3楽天
日本ハム9‐4楽天

日本ハム4勝(アドバンテージ1勝) 楽天1勝

 

2010年セ・リーグ

<ファーストステージ>

阪神1‐3巨人
阪神6‐7巨人

阪神0勝 巨人2勝

<ファイナルステージ>

中日5‐0巨人
中日2‐0巨人
中日2‐3巨人
中日4‐3巨人

中日4勝(アドバンテージ1勝) 巨人1勝

 

2010年パ・リーグ

<ファーストステージ>

西武5‐6ロッテ
西武4‐5ロッテ

西武0勝 ロッテ2勝

<ファイナルステージ>

ソフトバンク1‐3ロッテ
ソフトバンク3‐1ロッテ
ソフトバンク1‐0ロッテ
ソフトバンク2‐4ロッテ
ソフトバンク2‐5ロッテ
ソフトバンク0‐7ロッテ

ソフトバンク3勝(アドバンテージ1勝) ロッテ4勝

 

2011年セ・リーグ

<ファーストステージ>

ヤクルト3‐2巨人
ヤクルト2‐6巨人
ヤクルト3‐1巨人

ヤクルト2勝 巨人1勝

<ファイナルステージ>

中日2‐1ヤクルト
中日1‐3ヤクルト
中日1‐2ヤクルト
中日5‐1ヤクルト
中日2‐1ヤクルト

中日4勝(アドバンテージ1勝)ヤクルト2勝

 

2011年パ・リーグ

<ファーストステージ>

日本ハム2‐5西武
日本ハム1‐8西武

日本ハム0勝 西武2勝

<ファイナルステージ>

ソフトバンク4‐2西武
ソフトバンク7‐2西武
ソフトバンク2‐1西武

ソフトバンク4勝(アドバンテージ1勝)西武0勝

 

2012年セ・リーグ

<ファーストステージ>

中日6‐1ヤクルト
中日0‐1ヤクルト
中日4‐1ヤクルト

中日2勝 ヤクルト1勝

<ファイナルステージ>

巨人1‐3中日
巨人2‐5中日
巨人4‐5中日
巨人3‐1中日
巨人3‐2中日
巨人4‐2中日

巨人4勝(アドバンテージ1勝)中日3勝

 

2012年パ・リーグ

<ファーストステージ>

西武1‐2ソフトバンク
西武8‐0ソフトバンク
西武2‐3ソフトバンク

西武1勝 ソフトバンク2勝

<ファイナルステージ>

日本ハム3‐2ソフトバンク
日本ハム3‐0ソフトバンク
日本ハム4‐2ソフトバンク

日本ハム4勝(アドバンテージ1勝)ソフトバンク0勝

 

2013年セ・リーグ

<ファーストステージ>

阪神1‐8広島
阪神4‐7広島

阪神0勝 広島2勝

<ファイナルステージ>

巨人3‐2広島
巨人3‐0広島
巨人3‐1広島

巨人4勝(アドバンテージ1勝)広島0勝

 

2013年パ・リーグ

<ファーストステージ>

西武1‐11ロッテ
西武15‐0ロッテ
西武1‐4ロッテ

西武1勝 ロッテ2勝

<ファイナルステージ>

楽天2‐0ロッテ
楽天2‐4ロッテ
楽天2‐0ロッテ
楽天8‐5ロッテ

楽天4勝(アドバンテージ1勝)ロッテ1勝

 

2014年セ・リーグ

<ファーストステージ>

阪神1‐0広島
阪神0‐0広島

阪神1勝 広島0勝 1分

<ファイナルステージ>

巨人1‐4阪神
巨人2‐5阪神
巨人2‐4阪神
巨人4‐8阪神

巨人1勝(アドバンテージ1勝)阪神4勝

 

2014年パ・リーグ

<ファーストステージ>

オリックス3‐6日本ハム
オリックス6‐4日本ハム
オリックス1‐2日本ハム

オリックス1勝 日本ハム2勝

<ファイナルステージ>

ソフトバンク3‐2日本ハム
ソフトバンク1‐5日本ハム
ソフトバンク4‐12日本ハム
ソフトバンク5‐2日本ハム
ソフトバンク4‐6日本ハム
ソフトバンク4‐1日本ハム

ソフトバンク4勝(アドバンテージ1勝)日本ハム3勝

 

2015年セ・リーグ

<ファーストステージ>

巨人3‐2阪神
巨人2‐4阪神
巨人3‐1阪神

巨人2勝 阪神1勝

<ファイナルステージ>

ヤクルト1‐4巨人
ヤクルト4‐0巨人
ヤクルト2‐0巨人
ヤクルト3‐2巨人

ヤクルト4勝(アドバンテージ1勝)巨人1勝

 

2015年パ・リーグ

<ファーストステージ>

日本ハム3‐9ロッテ
日本ハム4‐2ロッテ
日本ハム1‐2ロッテ

日本ハム1勝 ロッテ2勝

<ファイナルステージ>

ソフトバンク3‐2ロッテ
ソフトバンク6‐1ロッテ
ソフトバンク3‐1ロッテ

ソフトバンク4勝(アドバンテージ1勝)ロッテ0勝

 

2016年セ・リーグ

<ファーストステージ>

巨人3‐5DeNA
巨人2‐1DeNA
巨人3‐4DeNA

巨人1勝 DeNA2勝

<ファイナルステージ>

広島5‐0DeNA
広島3‐0DeNA
広島0‐3DeNA
広島8‐7DeNA

広島4勝(アドバンテージ1勝)DeNA1勝

 

2016年パ・リーグ

<ファーストステージ>

ソフトバンク4‐3ロッテ
ソフトバンク4‐1ロッテ

ソフトバンク2勝 ロッテ0勝

<ファイナルステージ>

日本ハム6‐0ソフトバンク
日本ハム4‐6ソフトバンク
日本ハム4‐1ソフトバンク
日本ハム2‐5ソフトバンク
日本ハム7‐4ソフトバンク

日本ハム4勝(アドバンテージ1勝)ソフトバンク2勝

 

2017年セ・リーグ

<ファーストステージ>

阪神2‐0DeNA
阪神6‐13DeNA
阪神1‐6DeNA

阪神:1勝 DeNA:2勝

<ファイナルステージ>

広島3‐0DeNA
広島2‐6DeNA
広島0-1DeNA
広島3‐4DeNA
広島3‐9DeNA

広島:2勝(アドバンテージ1勝) DeNA:4勝

 

2017年パ・リーグ

<ファーストステージ>

西武10‐0楽天
西武1‐4楽天
西武2‐5楽天

西武:1勝 楽天2勝

<ファイナルステージ>

ソフトバンク2‐3楽天
ソフトバンク1‐2楽天
ソフトバンク7‐5楽天
ソフトバンク4‐3楽天
ソフトバンク7‐0楽天

ソフトバンク:4勝(アドバンテージ1勝) 楽天:2勝

 

クライマックスシリーズの試合結果から考えること

初戦の絶対的優位性

クライマックスシリーズにおいて、初戦の重要度は極めて重大。

過去のクライマックスシリーズ1stステージで、初戦を落として次のステージに勝ち上がったケースは2009年の中日1度しかありません。

クライマックスシリーズが始まって10年が経つにも関わらず、初戦を落として勝ち上がったチームが1つしかないのは初戦の重要性を物語っています。

 

またファイナルステージでは、下位チームが上位チームに勝ち上がるケース2例ともに、下位チームが初戦を取っています。

上位チームは初戦を落としても勝ちあげるケースがある。アドバンテージの効果はかなりあると言えます。

 

下剋上はセ・パともに1度ずつ

現行制度のCSになってから、下剋上はセ・パ1度ずつ。

2017年度のCSが終了するとCSが導入されて、10年になるが、下剋上の確率は10%。

この確率を考えれば、なかなか優れた制度なのではないでしょうか?

下剋上の確率が10%なら、優勝チームのアドバンテージは十分です。

 

クライマックスシリーズまとめ

2008年から現行のシステムになったクライマックスシリーズ。

過去のデータを用いて、戦略を練れるほどデータが集まってきました。

そして、ルールも複雑。

クライマックスシリーズの全てを把握して、クライマックスシリーズを楽しみたいところです。

 

クライマックスシリーズを楽しもう!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - 野球知識・ルール・データ