広島カープCSファイナル敗退で考える点差アドバンテージの新制度!

   

スポンサーリンク

 

セ・リーグのクライマックスシリーズが終わりました。

王者広島が敗れ、3位のDeNAが日本シリーズに進出!

下剋上が起こりました。

 

そんなCSですが、セ・リーグでは優勝チームが敗れるケースが2度。

現行制度の下では2度目の出来事となりました。

個人的にこの回数は若干多いと思います。

そこで、今回はCS新制度について考えました。

 

スポンサーリンク

広島カープCS敗退で考える新制度の考え方

2、3年ほど前から、1位チームのアドバンテージが少ないのではないかと考えるようになりました。

やはり、143試合(2017年)を戦い抜き、優勝した球団は重んじたいところです。

CS新制度の考え方をまとめました。

 

CS自体は続行

リーグ優勝チームが日本シリーズを戦うべきだという意見には同感です。

しかし、CS自体をなくしてしまうと、収益の問題がどうしても出てきます。

2017年シーズンのセ・リーグの場合、CSがなければ、8月以降の試合はほぼ消化試合と化していたはずです。(阪神だけは辛うじて消化試合ではなかった)

となれば、全球団あわせて、100試合ほどは消化試合になってしまい、収益的にかなりのマイナスになってしまいます。

CS自体は継続の方向です。

 

下位球団のCS突破率を5%に

CS新制度では下位球団の突破率を5%にしたいと考えています。

5%ならば、計算上20年に1回下剋上が起こる計算となり、それぐらいの割合であれば、下剋上もありと考えます。

 

クライマックスシリーズ(CS)新制度概要

主な新制度案

新制度の概要をまとめました。

  • ファーストステージはこれまでと同様、2位球団の本拠地で、3試合制
  • CSファイナル1勝アドバンテージ。1位本拠地で全試合行う
  • ゲーム差1につき、1点のアドバンテージを首位チームに与える
  • 点数のアドバンテージの配分は首位チームが全て決めることができる

主な変更点は首位のチームに点数のアドバンテージを追加するというもの。

2位と6ゲーム差が空いていた場合、首位チームに6点のアドバンテージが与えられ、それを6試合に配分することができます。

6試合ともに、スコア1‐0からスタートするもよし、初戦と2戦目だけ3‐0でスタートするもよし。

試合開始時に点差をつけるというのが新たなアドバンテージのルールです。

 

新制度の長所

新制度の長所は

  • 首位チームがさらに優位になるということ。
  • 基本的に首位チームが日本シリーズを戦うべき+CSは収益的にも外せないという点を現行制度以上に両立できる。
  • アドバンテージ2勝にすると、行う試合数が減ってしまうが、このアドバンテージだと試合数自体は減らない。
  • ゲーム差をアドバンテージに反映できる

といったところです。

 

新制度の短所

試合開始時から点数がついていると、その試合の価値が下がってしまいます。

5‐0からスタートとなれば、その試合の決着はほぼ見えます。

 

CS新制度の細かい修正できそうな点

ゲーム差で、アドバンテージを与えるというのが本システムの基本的な考え方。

1ゲーム1点とするのか、2ゲームで1点とするのか等が修正できそうな点ですが、1勝のアドバンテージ+ゲーム差による点数アドバンテージという根本の考え方は変わりません。

 

クライマックスシリーズカープ敗退による新制度~まとめ~

クライマックスシリーズ現行制度での首位チーム敗退は2014年の巨人と2017年のカープの2例目です。

10年で2度が若干多い印象で、最終戦までもつれ込んだケースもあります。

ペナントレースの優勝のアドバンテージがもう少し大きくてもいいうのが率直な感想です。

 

※ ただ、今回のDeNAの戦いぶりは見事!そこは否定しません!

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.
激アツプロ野球人タケ
激アツプロ野球人タケ。 1989年生まれ。B型。 野球知識検定4級。 2017年度テレビ観戦含め137試合観戦。 巨人を語る会開催。 幼少期から、巨人を愛し、応援し続ける男。山口鉄也推し

 - 巨人と野球にモノ申す