巨人2017年最終戦終了!相川亮二引退までの軌跡。

      2017/10/15

スポンサーリンク


2017年巨人の1軍全日程が終了しました。

巨人は72勝68敗3分の4位。

11年ぶりのBクラスになってしまいました。

そして、巨人最終戦は相川亮二の引退試合。今回は人相川亮二の野球人生と巨人最終戦についてです。

スポンサーリンク

・相川亮二入団から今まで

相川亮二は打てるキャッチャーとして、長きにわたり活躍しました。

2007年には打率3割を記録、日本代表にも選ばれるキャッチャーでした。

相川は1994年ドラフト5位で、横浜に入団し、1軍初出場は1999年。

そこから、出場機会を着実に増やし、2005年には144試合に出場。

レギュラーキャッチャーとなった。

2009年にヤクルトに移籍してからも、レギュラーキャッチャーとして君臨。

チームを支えた。

だが、2012年以降は出場機会が徐々に減り、2015年に巨人移籍。

巨人移籍後は控えキャッチャーでありながら、代打の切り札としても活躍。

2015年は少ない出場機会でありながら、打率.313をマークした。

2017年は主に代打での出場となったが、打率1割台に低迷。

キャッチャーで、代打宇佐見の選択肢ができたこともあって、相川は引退を決意した。

・相川亮二通算成績

相川亮二の通算成績は・・・

試1507 打率.259 1149安打 69本塁打 475打点

1507試合出場はレギュラーキャッチャーとして、確かな成績を残した証拠。

本当にお疲れさまでした。

・最終戦は若手中心の起用

巨人来シーズンに向けて、若手中心の起用になりました。

が、問題は来年。

来年のシーズン開幕から、交流戦までの期間にいかに若手を使って、起用の選択肢を広げることができるかに懸っている。

後半戦で、いきなり若手を試すのはなかなか難しいもの。

前半戦の段階で、いろいろなことを試し、選択肢を増やせるかが勝負のカギ。

今年は残念ながら、開幕から1つの形にこだわりすぎ、代えが効かず。

村田でさえ、なかなか試合に出れない状況が続いた。

後半戦は順位が懸かった大事な戦いが続く、前半戦こそ、どんどん仕掛けていくべきだ。

・まとめ

現状では今日1軍で出た若手選手が1軍候補最有力だ。

アピールできた選手もアピールできなかった選手もいるが、来年は中心として活躍する選手が出てきてもらわないと困る。

起用する方にも我慢が必要だ。

上手く戦力を増やして、2018年を戦い抜いてほしい。

スポンサーリンク

LINE@だけの特別コンテンツもあり!更新情報もお伝えします!
友だち追加

 - 巨人情報あれこれ