巨人2017年ドラフト指名は清宮幸太郎!?果たしてポジションは空けれるのか?

   

2017年ドラフト。

巨人は清宮を指名する方針との報道が出ました。

くじ引きは高橋監督が引くなんていう話もあったり。

清宮を指名し、くじ引きに成功した場合、上手くやりくりすることはできるのでしょうか??

・清宮にポジションは与えられるのか!?

清宮の守れるポジションはファースト。

センターも守ったことがありますが、基本はファースト起用が基本筋でしょう。

さて、今のファーストですが、阿部・村田以外は手薄です。

若手で言うと、岡本や辻がファーストを守ることができますが、岡本は今年レフトで起用され、辻は他のポジションもでき、清宮と比較すると、冷遇されても仕方ありません。

このような状態なので、ファーストは阿部と村田次第となりますが、そう簡単にポジションは空かなそう。

仮に阿部がベンチに入ったとしても、村田がファーストに回ったり、マギーが残った場合、来年もセカンドをやるのかといった問題が出てきます。

清宮は高卒なので、再来年以降の活躍を見据えたとしても、ファーストが空くのは簡単ではなさそう。

巨人の性質上、新外国人選手を獲得する可能性もあります。

・清宮以外の指名候補!

清宮以外の指名候補もいます。

高卒野手では中村や安田。

共に魅力的な野手です。

中村はキャッチャーで、長打もありますが、数年後に宇佐見との兼ね合いをどうするのかが難しい問題となってきそうです。

宇佐見も育てたいキャッチャーの1人。

中村が成長するであろう2,3年後には宇佐見がレギュラーとして、君臨している可能性もあります。

小林もいますし、中村の積極的な起用は宇佐見を考えると難しそうです。

安田はU-18W杯を見た時、非常に楽しみな存在になるなと感じました。

いい形で打てていて、安田にもっと注目が集まってもいいぐらいです。

ポジションはサードなので、融通が利きます。

サードからなら、ファーストへもコンバートできますし、もちろん本職のサードでレギュラーを掴むことも可能。

長打力もあるので、楽しみな選手です。

・まとめ~最低限の守備と補強~

セ・リーグにおいて、守備力は大事な要素です。

ポジションがなかなか与えられないと、成長の機会が少なくなってしまいます。

清宮がスター選手になる可能性は十分ですが、数年後どのような起用をして、どう育てていくかをきっちり考えないといけません。

行き当たりばったりの外国人補強や選手獲得を続けていると、清宮は成長しません。

ファーストのポジションを上手く空けられないのであれば、清宮以外の選手の指名も考慮すべきです。

清宮以外の野球候補はたくさん!

・安田尚憲(履正社)
・中村奨成(広陵)
・田嶋大樹(JR東日本)

注目選手はまだまだいます!!

今話題になっている選手だけではありません。

話題になっていない選手もたくさんいますし、そういった今話題になっていない選手が活躍するかもしれません。

そんな選手達を網羅したのがコチラ↓↓

毎年恒例「野球太郎ドラフト直前版」

週刊ベースボールのドラフト版も今週出るはず(出たら情報載せます。確か今週笑)

ドラフトまであと1ヶ月!!

どの球団がどの選手を指名し、どの選手を獲得するのか大注目です!!

 - 巨人の若手