2017年9月巨人クライマックスシリーズ進出争いを徹底分析!

   


2017年9月

巨人は4位で、クライマックシリーズ進出圏外。

だが、3位のDeNAとは2ゲーム差で、接近している。(9月7日試合終了時点)

これからの争いはどうなっていくのだろうか??

2017年クライマックスシリーズ争い~今後の日程~


9月7日以降の日程を見ると、8日以降がとても大事なことがわかる。

どの試合も大事だと言われれば、それまでだが、特にDeNAにとっては大事な8試合になる。

今後の試合を見てみよう!

巨人:ヤクルト(東京ドーム)→阪神(甲子園)→DeNA(東京ドーム、2連戦)


DeNA:阪神(甲子園)→広島(マツダ)→巨人(東京ドーム、2連戦)

来週末まで、両チーム8試合あるが、DeNAは全試合ビジターで、巨人は5試合東京ドーム。

来週末の東京ドームでの直接対決が終了する時点で、今のゲーム差より広がっていれば、DeNAが勝ち進むだろう。

今日まではDeNAはヤクルトと対戦していて、巨人とのゲーム差は広がった。それはある意味当然と言える。

しかし、明日からは巨人がヤクルトと戦い、DeNAは阪神と甲子園で戦う。

巨人としてはこの8試合で、ゲーム差を縮めることが絶対条件だ!!

巨人は9月終盤に持っていけるか?

巨人はヤクルトと阪神との試合が多い。

一番苦手にしている広島との対戦は2試合(マツダ)だ。

この広島戦を1勝1敗以上で乗り切れれば、非常に大きい!

DeNAは9月末に、阪神と5試合連続で戦う。

かなり変則日程だが、この5試合の結果は非常に大きい。

巨人は9月末になると、中日、阪神、ヤクルトとの対戦を残し、広島とDeNAとの試合はない。

阪神戦も東京ドームでの試合で、9月末まで接戦が続いていれば、巨人優位と見る。

巨人のクライマックスシリーズ進出争い~戦力編~

巨人は打線次第だ。

陽と坂本にかかっていると言ってもいいだろう。

打線が機能しなければ、巨人が誇る3本柱(菅野・田口・マイコラス)で負ける試合が増えてくる。

そうなると、巨人は厳しい。

今の巨人打線を見ると、マギー以外はスイングが崩れてきているが、特に深刻なのが陽と坂本。

この2人のうち、どちらかが打ち出せば、勝っていけるだろう。

今まで通り、2人とも打てないとなると、この先かなり厳しい。

8月末から打線は低調気味。

それは陽と坂本の不振が大きな原因なので、そこをなんとか解消したい!

先発陣は問題ないので、このままなんとか踏ん張ってもらうしかない。

リリーフ陣は西村がこのまま踏ん張るか変わりを使うか。

西村がキーポイントになりそうだ。

巨人クライマックスシリーズ進出で大事なこと

巨人にとって、大事なのはヤクルトに勝つことだ。

ヤクルトに対して、5割で戦っていてはいけない。

直接対決も大事だが、それ以上にヤクルト戦を落とさないことが大事になってくる。

下位球団との試合は落としてはいけない。

その意識で戦わないといけない。

そのためには明日8日からのヤクルト戦。

ここはなんとしても、3つ取らないといけない。

 - 野球知識・ルール・データ