巨人重信2塁を踏まずに試合終了!アピールプレーと帰塁のルールを詳細に解説!

      2017/10/13

どうも、激アツプロ野球人(@gekiatsuyakyu)です。

今日は野球のルールについて。

8月6日の巨人対中日戦。巨人の重信が2塁を踏まずにゲームセット。後味の悪い試合となりました。

でも、その後、岩瀬がセカンドにボールを投げたり、いろいろとややこしい場面がありましたよね?

なので、今回は重信のプレーを野球の公認ルール「公認野球規則」と共に見ていきます。

・ルールおさらい。重信が2塁を踏まずに1塁へ帰塁

走者は1塁、2塁、3塁、本塁と進塁する際にベースを踏んで進塁しなければなりません。ベースを踏まなければ、アピールプレーによって、アウトとなります。

反対に、走者が逆走する際も、3塁、2塁、1塁と順番にベースを踏んで戻っていかなければなりません。

しかし、今回の重信のケースでは、ファーストランナー重信が2塁ベースを踏まずに通過しました。

そして、重信が2塁を通過した直後にセンターが捕球。

それを見た重信は1塁に戻りましたが、その際、2塁ベースを踏まずにファーストベースに直接戻っていってしまったのです。

その後、アピールプレーがなされ、重信はアウト。試合終了となりました。

・アピールプレーがなければ、重信はアウトにはならない

今回のケースではアピールプレーがない限り、アウトにはなりません。よって、中日側が重信のプレーに気付かず、次の打者に対して、ボールを投げてしまえば、重信はアウトになりません。

中日のアピールプレーがあって、初めて重信はアウトになるのです。

ピッチャー岩瀬がセカンドに送球したのはアピールプレーのため。重信のプレーを中日側の誰かが見ていたことになります。

※ ちなみに、野球規則では「アピールプレー」ではなく、「アピールプレイ」と表記されている。

・アピールプレーのために投げたボールがボールデッドゾーンに飛んだら

アピールプレーのボールがボールデッドゾーンに入る。この際のルールも公認野球規則には書かれています。

今日のプレーで言うと、岩瀬がセカンドに投げたボールが悪送球で、バックスクリーンに入ってしまっというケース。

実際にはこんなことはあり得ないでしょうが、このようなことが起こったケースではどう対処されるのでしょうか?

答えは、「ボールデッドゾーンに入った場合、再度アピールプレーをすることはできない」です。

「投手がアピールのために塁に送球し、スタンドの中のボールデッドの個所にボールを投げ込んだ場合には、同一走者に対して、同一塁についてのアピールを再びすることは許されない」

という記述が公認野球規則にはあります。アピールプレーのボールでも、暴投は許されないのです。

アピールプレーの送球をする時に、ボークを犯したら

アピールプレーはボールデッドでは行うことができません。なので、ピッチャーはプレーがかかった状態で、送球をすることになりますが、その際にボークをしてしまったら、どうなるのでしょうか?

答えはボークをしてしまった場合、アピール権は消滅します。

ボークをしてしまうと、アピールプレーができなくなるので、アピールプレーをする際はボークをしないようにしましょう。

・重信のアウトとアピールプレールールまとめ

アピールプレーのルールは非常に複雑で、わかりにくく、細々とルールが定められています。しかし、走者が塁を踏んで、進塁したり、逆走したりしなければならないことは有名なところ。

それを怠ってしまった重信のプレーはプロとして、非常に残念なプレーです。

今後はこのようなプレーがないように、しっかりと塁を踏んでほしいです!!

・野球のルールに関する記事

野球のルールに関する記事を他にも書いています。

ベースボール・マガジン社
2017-04-01



 - 野球知識・ルール・データ