巨人育成増田大輝研究会!「支配下に手が差し掛かった男」の成績&評価は!?

      2017/10/15





巨人には数多くの育成選手がいます。

かつては松本哲也、山口鉄也が支配下に上がり、1軍で活躍。

2017年は篠原慎平が支配下登録され、1軍で初勝利を挙げました。

そこに続く可能性があるのが「支配下に手が差し掛かった男・増田大輝」です。

増田大輝の武器・魅力・現状をまとめました。

・増田最大の武器は守備力!

増田の最大の武器は守備力。


安定した守備力は井端コーチに「センスがある」言わしめるほど。

1軍で戦うには持ち前の守備力をまずは見せつけなければいけません。

守備での安定感を更にアピールできれば、支配下への道はぐっと開けるでしょう。

・宮崎キャンプで、1軍紅白戦に出場

キャンプの時から、1軍には顔を出していた増田。


宮崎キャンプでは1軍紅白戦に出場していました。

代走での出場や打撃・守備機会もあり。

アピールの場となりました。

宮崎キャンプ紅白戦での増田はベースランニングの俊敏さ、バントの正確性、バッティングでの粘り強さを見せ、首脳陣にアピールしました。

・増田の課題は長打力のなさだったが・・・

増田の課題は長打力のなさ。


守備、走塁は上手いものの、打撃力が課題とされていました。

でしたが、2017年の夏場に入って、ホームランがイースタンリーグで飛び出しました。

一発もあるということを見せることができたのです。

・増田大輝が支配下になるには?

増田大輝が支配下になるには1軍で起用する目途が立たないといけません。

守備力の安定感はそこそこありますから、バッティングでの武器を明確にすることが必要です。

・誰よりも粘れる。

・誰よりも打撃技術の体力がある。

・強い引っ張りの打球が打てる。

何でもいいので、打撃の武器が1つ必要です。

内野手争いをしている山本や吉川尚輝よりも、使いたいと思われるかが重要。

増田のライバルは若手内野手達です!!

・まとめ

3軍制を敷いている巨人では育成選手が多数!


そんな中、増田大輝は特に注目です。

2軍で活躍している育成選手は数多くいます。


育成選手達にも、大注目です。

 - 巨人の若手