巨人大江竜聖の2017年!現在の評価と圧倒的な2軍成績に迫る!

      2017/10/21

どうも、激アツプロ野球人です。

今回は2軍の注目選手「大江竜聖」について。

大江竜聖が2軍で注目を集めています。

特に、2軍に詳しいファンの間では、大江の評価が高まる一方!!

2016年ドラフト6位入団の大江に注目が集まっているのはなぜなのでしょうか??

今回は高卒ルーキー大江竜聖に迫っていきます。

 

イースタンリーグでの大江竜聖の成績

巨人イースタンリーグで、大江竜聖が躍動しています。

キャンプから、コツコツと頑張ってきた大江竜聖!

 

※宮崎3軍キャンプでの大江竜聖は↓↓

高田萌生と大江竜聖のブルペン投球を宮崎で見た!巨人2016年ドラフト5位・6位!

 

その大江がイースタンリーグで、活躍!!

イースタンリーグで、12試合に登板し、4勝3敗。防御率は2.30

2軍先発陣の中でも、上位の成績を残しています。

 

そして、何と言っても魅力的なのが、高卒1年目の左腕であること。

まだまだ若いというレベルではありません。

圧倒的に若いのです!!

非常に期待が持てるピッチャーです。

 

大江竜聖に斎藤コーチ「体力がつけば、秋にも1軍」

大江の1軍も、順調に行けば遠くありません。

斎藤コーチの上記の発言。

高卒ルーキーの課題は体力面ですが、そこさえ克服すれば、1軍も夢ではない!!

できれば今年、一軍で何試合か投げてもらいたいです。

 

<追記>

2017年シーズン、一軍に上がることはありませんでした。

今オフから来期にかけては、投球数を増やし、試合で110球~120球ぐらい投げ切れるスタミナをつけたいところ。

スタミナがついてくれば、1軍登板は近いでしょう。

 

期待の左腕大江竜聖の投球(2017年8月)

大江のストレートは145キロ前後といったところ。

おおむね140キロ~145キロほどの間で、推移しています。

スピードガン的には他の投手と比べて、変わらないですが、球威は抜群。

持ち球のチェンジアップもいい抜けをしています。

新球種の練習も行っており、今後の期待大です。

 

大江竜聖のこれから

大江の2軍での登板を見てみると、球数を投げさせ過ぎないように育てている印象でした。

80球から90球が基本的な限度で、高卒1年目とあり、じっくりと体力をつけていっています。

2018年以降、更なる飛躍ができるのかが大注目。

是非、1軍のマウンドを経験してもらいたいです!!

 

大江竜聖2軍で圧倒的な成績~まとめ~

2017年シーズン中に、大江が一軍に上がることはあるのか!?

無理をさせてはいけませんが、やはり、1軍での登板を見てみたいです!!

大江が今後どのような成長を遂げるのか!?

大江の今後に期待です。

 

※ 大江竜聖プロフィール

大江竜聖

1999年1月15日生まれ
173cm/78kg
二松学舎大付属高校
背番号64
左投左打

 

 - 巨人の若手