クルーズ楽天へ金銭トレード!巨人時代のクルーズの成績・評価・実績まとめ!

      2017/10/15


2017年7月26日

巨人のルイス・クルーズが楽天へ金銭トレード。

クルーズが巨人に来て、2年目のシーズン。

巨人時代のクルーズをまとめました!!

・クルーズに何を期待していたのか?

そもそもクルーズに巨人ファンは何を期待していたのでしょうか?

打撃なのか?守備なのか?

走塁を期待していた人はほぼいないでしゅうが、打撃に期待していたというのであれば、若干疑問が残ります。

もともとクルーズは打率.250前後のバッター。

去年は出場試合数が少なかったものの、成績的に見れば、打率.252 11本塁打。


期待通りの成績です。

出場試合数が少なかったのは残念ですが、それ以外はクルーズ本来の働きをしてくれているわけです。

・クルーズに3割を求めてはいなかったか?

クルーズの巨人での成績を見ると・・・

2016 試81 打率.252 11本塁打 37打点
2017 試9  打率.156 0本塁打 3打点

2年目の今季はマギー、カミネロの加入で、外国人枠が空かず、出場機会に恵まれませんでした。

一方、2016年は出場機会は与えられたものの、怪我が多く、結果的に出場試合数を増やすことができませんでした。

しかし、去年の成績で「クルーズが打てない」と嘆いていてはいけません。

クルーズは試合に出れる範囲で、自らの働きはしていたのです。

クルーズに打率3割を求めていけないのです。

・打率は低くても、年間10本打つ長打力がある

打率2割5分でも、長打があるセカンド。

それがクルーズの立ち位置。

打率.250で、「打率が低い」と言っているようではダメなのです。

守備ができて、打率.250で、長打がある。

そして、セカンド、ショートができる。

その補強ポイントが楽天にマッチしたのでしょう。

すごくいいトレードです!

・まとめ~巨人も上手い補強を~

楽天の二遊間は怪我で離脱中。

その穴を埋める上手いトレードです。

とりあえず、今年をなんとかするというのがクルーズ獲得の意図なので、茂木・藤田がいない間の穴埋めとしてクルーズには期待しているのでしょう。

足りないピースを把握し、上手く補強する。

それが本来の補強のあるべき姿です。

 - 巨人情報あれこれ