巨人打線が急に打つようになった理由。変化をもたらす打者の出現!

   




巨人打線が交流戦最後になって好調です。

ソフトバンク戦で勝ち越し、ロッテ戦では2試合連続8得点。

突然の打線爆発には何があったのか!?

・粘るタイプのバッターが現れた

粘って四球を取るタイプのバッターが現れた。

これが打線にいやらしさをもたらしている。

2番山本。

初球打ちは必要不可欠だが、粘るバッターが一人いるとだいぶ打線の形が変わる。

3番坂本の前で、山本が粘れば、体力・精神力が削られた状態で、ピッチャーは坂本に対峙する。

この意義は非常に大きい。

かつての2番松本の粘りを思い起こさせる。

今日の山本は1,2塁間にゴロヒットを打った。

素晴らしいバッティングだ。

痛烈なライナーの1,2塁間よりも価値がある。

いい当たりのライナーが取られてしまえば、元も子もない。

内容的にはいい打席かもしれないが、結果は三振と変わらないからだ。

ゴロでヒットを狙うことが必要な場面で、ゴロでヒットを打った。


改めて、素晴らしいヒットだ。

・長野久義の復活で、打線が固定

1番に長野を置いても、6番に陽。

1番に陽を置いても、6番に長野。

長野の復活が何よりも大きい。

これで、1~6番まで繋がりが生まれる。

かなり分厚い打線だ。

開幕からかなり長い間、長野が不調で、6番が固まらず。

1~2番も全く機能しなかった。

ここにきて、1~6番の形が見えてきたことは非常に大きい。

この形を維持できれば、チームは上昇気流に乗ることができるだろう。

・7月終了時には貯金を!

オールスターまでに勝率5割を!

と言いたいところだが、現実的には厳しい。

だが、7月終了時に貯金を作ることは十分に可能な数字だ。

あと1ヶ月ほどの時間をかけて、借金を返済し、貯金を持った状態で、8月を迎える。

これが理想形だろう。

優勝するという意味では今年はもう他力本願だ。


広島や阪神が勝ち続ければ、優勝は不可能。

広島・阪神の負けが込むような状況でないと、逆転はできない。

クライマックスシリーズと言う意味ではまだまだ可能性がある。

目の前の1試合1試合に勝ち、8月に入る頃には借金を返済し、まっさらな気分で勝負に挑む。

それに期待したい!

 - 巨人の若手