陽岱鋼頭部デッドボールで交代!頭部死球の恐怖とは!?

      2017/10/15




6月15日巨人対ソフトバンク。

巨人の陽が頭部デッドボールで、交代となりました。

・硬式球は意外と痛い

プロ野球選手が使う硬式ボール。

実際に手に取ったことがある人はいるだろうか??

触っただけではあまり感じないのかもしれないが、結構硬い。

そして、びっくりするのが動いてるボールが当たった時。

ゴロが体に当たっただけで、思ったより痛い。


初めて硬球が当たった時、思ったより痛かったことを覚えています。

・頭部死球を侮ってはいけない

頭部デッドボール。

私は経験がありません。

背中、腕、足のデッドボールはありますが、頭部死球の経験はなし。

なので、どれぐらい痛いかはわかりませんが、実際後遺症に悩まされる選手は数多くいます。

野球はできるにしても、首の動きが悪くなる等、生涯プレーに影響を及ぼしたりする例があり、侮っていてはいけません。


元気にプレーしているように見えても、痛みに悩まされているケースは数知れず。

頭部死球を侮ってはいけません。

・まとめ

頭部死球。

恐ろしいものであるということを硬式野球未経験の人も理解して頂きたい。

そのように思います。

 - 巨人情報あれこれ