巨人リリーフ陣軽視の贖罪!継投ままならず、13連敗脱出後、すぐに敗戦!

      2017/10/15

スポンサーリンク



13連敗が止まった翌日。

非常に大きな意味合いを持つ試合。

巨人の先発は田口!!

スポンサーリンク

・重信の走塁で、推進力が生まれる

前を狙わないと、何も起きない。


何も起きていないことは一見失敗に見えないが、大きな失敗になっていることもある。

重信がホームに突っ込むのは重信の走塁を考えれば、当然かもしれませんが、前に進むと何かが起る!!


アウトになるかもしれませんが、ミスも生まれる!!

前に進む姿勢を見せてくれた!!

・相手のミスを誘発せよ

相手のミスを誘発したりするような光景は今シーズンあまり見られなかった。

今後は相手のミスを誘発するようなプレッシャーをかける攻撃をしてもらいたい。

どんどん先の塁を奪い、どんどん攻めていく。

攻めの姿勢を貫いてもらいたい。

・現代野球でリリーフ陣軽視は許されない

リリーフ陣を軽視するものは勝利を掴むことができない。

それが現代野球だ。

今は最下位で苦しんでいるヤクルトも、2年前は秋吉・オンドルセク・バーネットとズラリ

去年の広島も、今村・ジャクソン・中崎と揃っていた。

そんな中、勝ち継投パターンを崩したのは本当に理解に苦しむ。

カミネロが抹消される前に、クルーズを上げろと言っている人にさんざんケチョンケチョンに言われたが、守護神の存在の重要性が明らかになったと思う。

決してクルーズが悪いわけではない。

勝ちパターンの継投を作ることは何よりも重要なのと申し上げたいのだ。

・まとめ

巨人は浮上の機会を失ったと言っていい。

連敗が止まった時が1番メンタルが変わる時。

そこで、敗北を喫してしまった以上、FA山口俊の活躍やカミネロの再昇格で、風を吹かすしかない

スポンサーリンク

 - 巨人と野球にモノ申す