内海哲也ランナー一塁で、クイックせずボーク!謎のボークの謎

   




巨人のエースと言われた内海哲也。

2桁勝利を何度もマークするなど、巨人投手陣の中心であった。

その内海哲也がランナー1塁で、まさかのボーク。

これまでの野球で、こんなボークを見たことがない

・内海のようなボークは初めて見た

ランナー一塁ではクイックで投げ、盗塁を防ぐのが当然!!

ではなかった。

巨人のピッチャー内海哲也はランナーが一塁にいるにも関わらず、大きく振りかぶった。


それを見たランナーはスタートを切り、2塁へ!

それに気づいた内海は振りかぶるのを辞め、ファースト側を向いてしまい、当然ながらボーク。

ファーストにランナーがいるにも関わらず、クイックせずボークと言うのは私は見たことがない。


いろんな高校の試合を見たり、実際に試合をしたりしてきたが、ランナー一塁でクイックしないのは見たことがない(大量リードで、ファーストランナーをケアしない場合はあるが)

いわゆる弱小校と言われてしまうようなチームであっても、それはなかった。

なかなかお目にかかれないミスだ。

少年野球でも、なかなかないだろう。

・残念だった内海の投球

今日の試合は先発が崩れてしまい、一方的な展開に。

今日の内海は残念な投球だった。

ゲレーロ・ビシエドにホームランを打たれてしまい、早々と降板。

唯一のよかったところは珍しいボークを見せてくれたところぐらい。

残念としか言いようがありません。

・大事な戦いの時に戦力を整えて

3連勝はできなかったが、この時期は勝ちまくる必要は全くない。

1ヶ月かけて、貯金が2つ3つできれば、なかなかいい方だと思う。

大事なのは「負け」を使って、いろいろ試すことができるか。

大型連勝もいらないし、適度に勝って、適度に負ければいい。

大事な夏場に向けて、大事な戦力を整えてもらいたい。

いや、交流戦から、本当の勝負は始まる。

この本当の戦いの時に、戦力を分厚くできるかが大事。


その大事な時に戦力を落とすようなことがあってはならない。

大事なのは大事な時に勝つこと!!

夏場にしっかり勝ってほしい!!

・まとめ

今週は4勝2敗で終了した巨人

来週は東京ドームで阪神戦からのマツダスタジアム。

この5試合、大負けしてはいけません。

きっちり勝っていきましょう!!!

 - 試合結果