「若手物足りない」宇佐見、辻、山本、柿澤それぞれのキャンプ・オープン戦を振り返る!

   

スポンサーリンク



2017年もオープン戦が終わり、いよいよシーズンが開幕!

しかし、オープン戦を総括し、高橋監督は

「若手が物足りない」

と残念な様子。

というわけで、今回は開幕1軍を果たせなかった若手野手のキャンプ・オープン戦を振り返ります。

スポンサーリンク

・キャンプでの巨人若手

キャンプでアピールしていたのは宇佐見・柿澤。

この2人が目立っていました。

宇佐見はフリーバッティングで、広角に打ち返し、柿澤は思ったよりもパワーがある印象。

実戦に入った時にどうなるのかが注目されていました。

そして、紅白戦

紅白戦に入ると、柿澤にヒットが出ませんでした。

一方宇佐見は紅白戦ではヒットが出ていて、アピールに成功しました。

そして、更に紅白戦でアピールしていたのが山本

ライト線にツーベースを放つ等、去年よりパワーアップした打撃を披露。


大きくアピールしました。

しかし、山本は沖縄キャンプで怪我。

1軍離脱となり、オープン戦を経験することはありませんでした。

・オープン戦で巨人の若手陣沈黙

オープン戦に入ると、若手野手陣が沈黙しました。

特に3月中旬の紅白戦はほぼ全員結果が出ず・・・

若手陣の打率は急降下しました。

主な若手陣のオープン戦成績は

宇佐見 試14 .143 0本 4打点

辻    試18 .190 0本 0打点

柿澤   試15 .091 1本 2打点

山本   オープン戦出場なし

開幕1軍を勝ち取るのが濃厚な岡本・重信らも、結果を残したとは言い難いところ。


オープン戦での若手野手は元気がありませんでした。

・生き残った岡本・重信・石川

岡本・重信・石川はチャンスを掴み取りました。

特に石川はオープン戦初期に結果を残したので、目立つ形となりました。

非常にいい活躍でした。

重信と岡本は共にアピールしきれませんでしたが、1軍に残るには十分。

岡本は長打力を最後の最後でアピールし。重信は打撃面ではアピールできなかったものの、走塁は十分にアピール。

一軍に生き残りました!!

・まとめ~若手にチャンスを与えたオープン戦~

若手にチャンスを与えたいのはかなり感じました。

しかし、見れば見るほど、実力不足が露呈したというのが正直なところでしょう。

このオープン戦の経験を生かして、1軍に帯同できる選手が出てくることを期待しています。

巨人若手陣頑張れ!!!

スポンサーリンク

 - 巨人の若手