巨人新外国人カミネロ!フリー打撃で制球難!コントロールは大丈夫か?

      2017/10/15




巨人の新外国人カミネロがフリーバッティングに登板しました。

フリーバッティングでは重信と対戦!

そのピッチングに迫ります。

・ブルペンでのカミネロのコントロールは上々

カミネロはキャンプイン早々ブルペン入り。

首脳陣にアピールしました。

解説者の評価では、意外とコントロールがいい」

というものでした。

少なくとも、ストライクゾーンにはコントロールできるレベルだという評価。


実戦でどうかというところに焦点が移っていました。

・フリーバッティングのカミネロはコントロールの悪さを露呈

本日のフリーバッティングを見た印象としては、コントロールが悪かったと言わざるを得ません。

まだ調整段階で、これから状態が上がっていくとは思いますが、ほとんどがシュート気味に抜ける球でした。

メジャーリーグ時代から、シュート気味にボールが抜けることが多かったカミネロ。

その傾向がフリーバッティングでも、見て取れました。

やはり、実際に打者が立つと、違います。

ブルペンのようにはいきませんでした。

・カミネロの球は速いが・・・

カミネロの球は確かに速かったです。

まだ2月の中旬で、メジャー方式で行けば、キャンプインしてないシーズンで、体ができていないにも関わらず、力強い球を投げていました。

ただ、低めの若干動く球や若干沈む球に、重信が反応してなかったのは気がかりです。

低めのツーシームなのかスプリットなのかよくわかりませんでしたが、その球に対する重信の反応がなく、効果的な変化球になり得るのかが見えてきませんでした。


今回の登板では答えが掴めなかったというのが正直なところです。

・ストライクさえ取れれば

カミネロの場合、新外国人なので、オープン戦には一軍帯同し、登板機会もある程度確保されるでしょう。

そこで、ある程度の結果を出さなければいけませんが、ノーコンだとどうしようもありません。

日本では簡単にストレートで三振が取れるわけではありません。

日本のバッターはピッチャーの球が160キロ出ようと、追い込まれればファールできます。

粘れます。

それに耐え得るだけのコントロールがあるのか?


これが今後のカミネロの一番の課題です。

3球、4球ファールで粘られても、ストライクを取り続ける能力。

これが日本では求められます。

カミネロはウイニングショットとなる変化球があれば活躍できる

球が速いだけではダメです。

日本の場合、ストレートがいくら早くても、ストレートだけで打ち取ることはできません。

決めに行く変化球が必要です。

カミネロはスプリットがあるとのことですが、

そのスプリットで三振を取ることが全く出来なければ、日本で活躍はできないでしょう。

逆に、どんどん三振を取れるのであれば、少々コントロールが荒れても、日本で活躍できるでしょう。

かつて、巨人にクルーンという剛速球投手がいました。

とても、球速が速かったですが、クルーンの持ち味はフォークボール。

クルーン本人も、フォークの方が自信があるというほどのフォークボールがありました。

クルーンのスピードも速かったですが、そんなクルーンでも三振が取れる変化球を持っていたのです。


カミネロにも、そのような変化球が求められます。

次の紅白戦。その後のオープン戦ではカミネロの変化球に絶対注目です!!!

 - キャンプ